ループ

  • 2019.03.26 Tuesday
  • 11:49

JUGEMテーマ:

人生は思い通りにいかないなんて


耳にタコができる


言われなくても分かってる


そんなことは重要じゃないんだ


一番思い通りにいかなかったのは人生じゃない


この世に生まれてきてしまったことだ


生を受けたのが嫌なんじゃない


生まれる場所を選べなかったことが一番辛いんだ


最初から天国に生まれることができたなら


迷わずそうしたさ


そう思って結局気づくんだ


人生は思い通りにいかないんだって

 

でもって気づいたところで変わりはしない

 

明日になればまた空を見上げるだろうから
 

誰の手

  • 2019.03.25 Monday
  • 12:40

JUGEMテーマ:

自分の手を机に置いてみる


指は思っていたよりも太く


手のひらは思っていたよりも分厚い


他の人はどんな手をしているだろう


細い手 ゴツゴツした手


ツルツルの手 皺だらけの手


透明な手を持つ人もいる


自分の手を観察しながら


自分はこの手の持ち主としてふさわしいのか


ふと疑問が湧く


机に置いたこの手は


いったい誰の手なんだろう


意識を持った一つの生き物のようにさえ思う

人の目

  • 2019.03.25 Monday
  • 12:18

JUGEMテーマ:

芸術を見ている時


作品を見ているのか


作者を見ているのか


空や海を見ている時


景色を見ているのか


自分を見ているのか


鏡を見ている時


自分を見ているのか


他人を見ているのか


人の目は何を見ているのかさえ分からない


見たいものさえ分からないし


見せられたものが好きなのか嫌いなのか


良いのか悪いのかさえ分からない


経験が 感情が その時の状況が


あらゆるものが目を曇らせる


目の前に置かれたものを素直に見るのは難しい

難しい

  • 2019.03.24 Sunday
  • 13:03

JUGEMテーマ:

難しい本を読み切ると


賢くなったような気になる


三日経ち 思い返してみると


内容が頭に入ってない


ただ難しかったということだけを覚えている


なるほど 俺は頭が良くないらしい

 

無理して読む必要もあるまいと

 

期限が迫る前に図書館へ向かった

いつの間にか

  • 2019.03.24 Sunday
  • 12:55

JUGEMテーマ:

変わってないつもりでも


少しずつ 自覚さえさせない速度で変化していく


いつもと変わらないはずなのに


同じように生活しているはずなのに


本人の意志とは無関係に


肉体は疲弊し 衰えていく


ふと手にした商品のせいで


そのことに気づかされる


いつの間にかメガネの度が合わなくなっていた
 

アテもなく

  • 2019.03.21 Thursday
  • 11:41

JUGEMテーマ:

出来事は


いつでもこっちのことなんてお構いなしで


事前に通告さえせずにやってくる


ノックすらしない


無遠慮にもほどがあるってもので


鍵さえ役に立たない


浮かない気分のまま夜を明かすことも多くなってしまった


今日はとてもいい天気だ


土手に腰掛け


鳴りもしない草笛を吹く


暖かくなってきたせいか


ツクシを袋に詰めている人がいた


目の合った犬に吠えられて


居心地の悪さだけが膨らんでいく


もうこの街に居場所はない


行くアテはないけど立ち上がろう
 

不断

  • 2019.03.21 Thursday
  • 11:28

JUGEMテーマ:

遅かった


間に合わなかったんじゃない


遅かったんだ


決断を先延ばしにして


遠のいていくチャンスを見送った


触れてみるまで


吉と出るか凶と出るかは分からない


だけど手を伸ばすことはできた


それさえせずに見送った


間に合わなかったんじゃない


遅かった


決断を下した時にはもう遅かったんだ

太陽一点

  • 2019.03.20 Wednesday
  • 13:40

JUGEMテーマ:

目を閉じて


太陽だけ描いて


余計なものはすべて削除して


景色の端っこが暗くなるくらいに


太陽一点だけを見つめる


どんなうるさい場所にいたって


静寂が訪れる

桜が咲くまでは

  • 2019.03.19 Tuesday
  • 11:53

JUGEMテーマ:

春の冷たい風が橋のたもとを駆け抜ける


大きなショベルカーが土を掘り起こし


砂煙が舞い上がる


山も川も 装いは無地なままで


少し前まで咲いていた梅までも


色をなくしてしまった


桜が咲くまでは冬のままだ

消える風情

  • 2019.03.19 Tuesday
  • 11:18

JUGEMテーマ:

雨がうるさいほど窓を叩く


閃光が走り 雨音以上の轟音が響き渡る


同時に風鈴の音が聴こえた


子供がはしゃぐ声も


今は雨音と雷だけが響いている


風鈴の音色も子供の声も消えて


エアコンの室外機の音に取って代わられた


夏が暑くなりすぎたせいで


夏の風情は消え去った

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM