第四話 僕はいたって普通さ

  • 2010.04.11 Sunday
  • 11:47
 夕暮れ時のニューヨークの街を、俺はタバコを吸いながら一人歩いていた。
特に目的があるわけではなく、仕事に疲れたときはこうして周りを眺めながらブラブラと歩くのも悪くない。
仕事終わりのビジネスマンが通りを埋め尽くし、俺はその人の多さにうんざりして川の見える静かな公園へと足を向ける。
ここは普段は犬の散歩やジョギングをする人、そして若いカップルが愛を語らっている場合が多いのだが、今日はベンチに老夫婦が一組座っているだけだった。
夕陽に照らされる川面が俺を感傷に浸らせ、昔の金曜ロードショーのオープニングのテーマが脳内で再生される。
近くにあった灰皿に俺は吸い殻を投げ捨て、新しいタバコに火をつけようとした。
その時、ベンチに座っていた老夫婦の男性が突然立ち上がり、空に向けて手を上げて何やらブツブツ呟き始めた。
座っている女性の方は手を祈るような形で組み合わせて目を閉じていた。
俺はタバコに火をつけた後、しばらくその様子を眺めていたのだが、急に尿意を催してきたので老夫婦に背を向けて川に放尿した。
体がブルっと震え、いちもつをしまうと残尿感に襲われた。
俺ももうそんな歳か。
体に訪れる自分の年齢の変化に少し悲しみを感じているとふと背後に気配を感じた。
「あんた、こんな所で小便をしたらいかんよ。川が汚れるんだから。」
さっきまで空に手を上げてブツブツ言っていた男性が俺に説教を垂れ始めた。
俺は恥ずかしさと驚きとで一瞬固まったが、すぐに気取った顔をみせて答えた。
「やあ、すまない。この歳になると中々尿意を我慢できなくてね。
悪いとは思ったが漏らすよりはマシだと思ってやってしまったんだ。
気を悪くしないでくれ。」
男性はムッツリした顔で自分のズボンを少しずらし、中を見せてきた。
「おいおい、やめてくれよ。俺にそんな趣味は無いんだ。
第一あんたには奥さんがいるだろう。」
「馬鹿もん。そういう意味じゃないわい。
ほれ、見ろ。わしはいつ尿意を催してもいいようにオムツをはいておるでな。
お前さんも立ションするくらいならこいつをはけ。」
俺は呆れて目の前で手を振ってみせる。
「冗談はよしてくれ。まだそこまで歳じゃないんだ。
もう立ションなんてことはしないから勘弁してくれないか。」
男性はズボンを元に戻し、納得したように頷いた。
「それよりさっきのは何だい?空に向かって手を上げて何かブツブツ言ってただろう。」
その瞬間、男性は周りの気配を窺い、俺の耳元で小さく言った。
「この川にはな、空から降ってきた神聖な恐竜の生き残りがおるんじゃ。
だからわしらは毎日欠かさずここへ来てお祈りをしておるんじゃ。」
真面目な顔でそう言った男性は夕陽に照らされる川に向かってまた同じことを始めた。
空から降ってきた恐竜?
馬鹿らしい。
いくらXファイルでもそんなネタを扱ったことはない。
空から恐竜が降ってきたら大気圏で燃え尽きてしまう。
恐竜が宇宙服でも着てたっていうのか?
そんな光景があるなら一度は拝んでみたいものだ。
ここは一つ、Xファイルの捜査官としての知識を披露しておこうか。
「なあじいさん。地球には大気圏というものがあってだな、恐竜なんて生き物が降って来たってそこで燃え尽きてしまうのさ。
だからもし空から何か振ってきたのなら、そいつは高度な文明を持ったUFOか火星人だ。」
俺は真剣に、そして諭すように男性に語った。
悪戯をして泣きじゃくるミシェルをなだめる優しいパパのように。
男性は訝しげにこちらを向き、真顔でこう言った。
「あんた馬鹿でねえの。」
俺は泣きそうになった。
何だと。
それじゃまるで俺の方が頭がおかしいみたいじゃないか。
俺はいたって普通さ。
おかしいのはあんたの方だ。
だがここはぐっと堪えて大人らしい態度で反論するべき所だろう。
「そうかもな。ただな、じいさん。
さっきから気になっていたんだが、あんたのばあさんもスカートを持ちあげて用を足そうとしているぞ。」
そう言って俺はばあさんの方を目で指し示し、吸い終わったタバコを灰皿に押し付けた。
「こりゃあ〜、お前まで何をやっとるか〜!」
男性は慌ててばあさんの元へ駆けより、下げていたカバンからオムツを取り出している。
俺は何だか気が滅入って、気晴らし所か憂鬱な気分になった。
こんな日は一杯飲んで帰るに限る。
俺はケータイを取り出し、行きつけのバーへ行こうとスカリーに電話をかけた。
着信拒否だった。
俺は泣いた。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM