色の美しさなら一番かも 手軽な画材パステル

  • 2014.12.25 Thursday
  • 14:13
JUGEMテーマ:
私は絵を趣味にしていますが、メインは水彩を使っています。
他にも色鉛筆やコピックも使いますし、アクリル絵具も使ったりします。
そしてパステルもたま〜に使うことがあって、色の美しさならこの画材が一番のような気がします。
パステルとは色の元となる顔料を固めて作ったもので、同じ固形の画材の比べると、不純物が少ないんです。
だからとにかく色が綺麗です。
パステルには二種類あって、ソフトパステルとオイルパステルがあります。
ソフトパステルは粉っぽくて、オイルパステルはクレヨンのようにオイルが含まれています。
私が使っているのはソフトパステルの方で、この画材は実に様々な使い方が出来ます。
形はクレヨンのように棒状で、そのまま描くことも出来るし、削って粉状にして使うことも出来ます。
細かい部分を塗るならそのまま使うといいです。
そして大きな部分を塗るなら、粉状にしてまぶし、それを手や布で広げると使いやすいです。
また絵具のように混色することも可能です。
異なる色の粉を紙の上に置き、それを指で混ぜていくと、実に綺麗なグラデーションが出来ます。
また棒のままで色を塗った後に、指で色を伸ばしたり、ティッシュで拭きとってぼかしたりも可能です。
他の画材では得られない、面白い効果と綺麗な色が得られます。それがパステルの魅力です。
しかしソフトパステルは粉で出来ている為、そのままにしておくと、色が落ちたりしてしまうんです。
だから定着スプレーを吹きかけて、粉を紙に定着させます。
色の美しさだけなら、今まで使った画材の中で一番です。
深い色合い、滑らかなグラデーション、それに目を見張るほどの鮮やかさ。
どれをとっても、文句の付けようがありません。
しかし細かい部分を塗るのは難しいので、コミック風の絵を塗る場合は、補助的に使われることが多いようです。
私もキャラクターを塗るのには使いません。背景の景色を塗る時によく使います。
広い部分を塗るのが楽だし、とにかく綺麗に仕上がるからです。
絵具ほどの万能性はありませんが、絵具では得られない効果があるのも事実。
それに何度も言うけど、色は抜群に綺麗です。
あまり安いやつを使うよりも、ちょっと良い物を使った方が、色は断然綺麗です。
これは他の画材でも言えることですけどね。
私の場合はメインでは使わないけど、困った時に役立つ画材です。
あの美しい色、一度知ってしまうと、もう手放すことは出来ません。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM