ダナエの神話〜魔性の星〜 最終話 魔性の星(8)

  • 2015.06.15 Monday
  • 13:34
JUGEMテーマ:自作小説
メタトロンの切り取った空間から、燭龍が現れた。
凄まじい巨体、凄まじい迫力。
黄龍、九頭龍と並ぶ三大龍神の一角が、青いマグマからダナエたちを守っていた。
「で・・・・・出た・・・・あの時の龍神が・・・・。」
「やったよコウ!これで九頭龍を止められるかも!」
二人は喜び、手を取り合って飛び跳ねる。
燭龍は灼熱のマグマを受けても平気な顔をしていて、九頭龍を睨みつける。
そしてそのまま体当たりをかました。
しかし九頭龍は動かない。いくら燭龍が山のように大きいといっても、九頭龍はそれを凌ぐ大きさである。
「むうう・・・・体格の差はいかんともし難いな。では儂も巨大化させてもらおう。」
そう言って口を開けて、海を大地を吸い込み始めた。
燭龍は周りの物質を吸い込んで、どんどん巨大化していく。
海は干上がり、大地は土を失い、まるでブラックホールのように何もかも吸収していく。
「きゃあああああ!」
「うわあああああ!」
そしてダナエやコウ、それにアドネやメタトロンまで吸いこんでしまった。
遂には海の城まで吸いこんでしまい、辺りは岩盤が剥き出しの、何もない更地になってしまった。
「・・・・うむ、ここまで大きくなればよかろう。」
目に映るもの全てを吸い込んだ燭龍は、九頭龍に匹敵するほど大きくなっていた。
そして頭の上に一輪の花を咲かせると、そこからダナエたちが現れた。
「お前たちは離れていろ。巻き添えを食うぞ。」
「ぼ・・・ボイラーさん・・・・随分大きくなったわね・・・。」
「感心しておらんで、すぐに離れるのだ。九頭龍は臨戦態勢だぞ。」
そう言って目を向けると、九頭龍はこちらに向かって突進して来た。
「いかん!すぐに退避するぞ!」
メタトロンは皆を体内に吸い込み、「でやあ!」と空に舞い上がった。
「ああ!ちょっと待って!まだ海のお城がボイラーさんの中に・・・・、」
そう言いかけた時、燭龍は「ぺッ!」と城を吐き出した。
メタトロンは宙に投げ出された城を掴み、「ここは任せるぞ!」と離れていく。
「私もすぐに駆け付ける!それまでその怪物を抑えておいてくれ!」
「心配無用。儂がすぐにこの馬鹿者を大人しくさせる。ただし・・・・少々月が滅茶苦茶になるかもしれんが。」
燭龍は再び頭の上に花を咲かせ、赤く光らせた。
「九頭龍よ!いい加減目を覚まさんか!たかが異星の邪神に乗っ取られおって!」
「グオオオオオオオオオ!」
九頭龍の体当たりが炸裂し、その衝撃で岩盤まで砕けていく。
燭龍はその衝撃を正面から受け止めて、「なんのこれしき!」と頭突きを返した。
爆音が響いて、九頭龍の頭の一つが鼻血を出す。しかし残りの八つの頭が襲いかかり、燭龍に噛みついた。
そして口から青いマグマを吐いて、灼熱で溶かそうとする。
「これしきの熱で、儂をどうにか出来るものか。」
青いマグマはとてつもなく強力だが、燭龍には効かない。それどころか、マグマを吸収し、自分の力に変えていった。
「さて・・・・奴らは遠くへ逃げただろうか?」
燭龍は後ろを振り向き、メタトロンが遠くへ飛び去るのを見つめた。
「うむ。あそこまで離れていれば、問題なかろう。」
そう言って九頭龍を睨み、頭に咲いた花を揺らした。
「言葉で止まらぬのなら、力づくで止めるのみ!九頭龍よ、正気を取り戻し、その身からクインを追い出すのだ!」
燭龍は大きく口を開け、九頭龍の頭の一つに噛みつく。そして頭の上に咲かせた花を、さらに赤く輝かせた。
その光は世界に熱と輝きを与える、森羅万象のエネルギーそのものであり、地球の核にたくわえられた、星の命ともいうべき炎だった。
その恐るべき炎が、頭の上に咲いた花から放たれる。
辺りは太陽を直視したような激しい光に包まれ、地平の彼方に一筋の閃光が走る。
たった一撃で小惑星を吹き飛ばすほどのエネルギーが、月の一角で炸裂する。
遠くを飛んでいたメタトロンにもその衝撃は襲いかかり、「なんというパワーか・・・・」と顔をしかめた。
激しい熱と風に晒され、このままでは危ないとバリアを張った。
「これが三大龍神同士の戦いか・・・・奴らはルシファーを牢獄に叩き込む時にさえ参戦しなかったが、今思えばそれでよかった。奴らが暴れたら、何もかも破壊し尽くしてしまう。」
メタトロンは熱と風が収まるまでバリアを張り続ける。そしてようやく燭龍の光が消え去ると、また遠くに向かって飛んで行った。
「とにかく私も参戦し、あの憎き邪神を討ち取らねば。その為には月の魔力が必要だ。」
月の中に広がる青い空を飛び、龍神同士が戦っている月の反対側まで退避する。
そして緑が覆う大地に降りると、そっと城を置いた。
「むうん!」
額の宝玉を光らせ、ダナエたちを外に出す。
メタトロンは城を指差し、「早く月の魔力を!」と叫んだ。
「分かってるわ!メタトロンのおかげでボイラーさんは出て来られた。それにお城だって安全な場所に避難させてくれた。だから・・・・今度こそプッチーの力を引き出してみせる!
そしてあの扉を開けてもらうの。」
コスモリングに触れて、今度こそ扉を開けて見せると、城の中へ入っていく。
そして扉の前まで来ると、目を閉じて願いを伝えた。
《お願いプッチー!どうか・・・どうかこの扉を開けて!この先には月の魔力の秘密があって、今はそれが必要なの。それにミヅキと叔父さんだって助けたい。だからお願い!》
頭の中に強く願いを描き、コウにフラれた悲しみを圧し潰していく。
そうやってじっと願いを捧げていると、どこからか波の音が聞こえてきた。
《来た!プッチーが反応してくれた!》
波の音はどんどん大きくなり、やがて頭に海の景色が浮かんできた。
ダナエはそっと目を開け、目の前の扉を見つめる。
すると辺りにも海の幻覚が浮かび、その中にぽつんと扉が建っている。
ダナエは海面の上を歩き、扉を手で押してみた。
冷たく重い石の扉が、ダナエが触れた瞬間に木の扉に変わる。美しい木目模様の、見ているだけで心癒されるような、芸術品のような美しい扉に。
手には温もりが伝わり、何の重さもなく、スッと開いて行く。
その瞬間、海の幻覚も、そして波の音も消えていく。そしてどこからか何かのヒビ割れる音が聞こえて、幻覚と幻聴は完全に消え去った。
「開いた・・・・扉が開いたわ・・・。さすがプッチー!」
そう言ってコスモリングを見つめると、大きなヒビが入っていた。
「な・・・なんで!?どうしてプッチーにヒビが・・・・、」
驚きながら見つめていると、アドネが「力を使い過ぎなのよ」と言った。
「ダナエは何度もその腕輪を使ってるでしょう。だからそろそろ限界が来てるのよ。」
「そ・・・そんな・・・・プッチーに無理させてるってこと?」
「そうよ。もし次に願いを叶えてもらったら、完全に壊れるかもね。」
「ああ・・・・そうなんだ・・・。ごめんねプッチー・・・・いっつも無理ばかりさせて。」
ダナエは労わるようにコスモリングを撫で、「これからは大事にするから、今回だけは許してね」とヒビをなぞった。
「じゃあ・・・・中に入ろう。きっとミヅキや叔父さんが待ってるわ。」
そう言って扉の中へと入って行く。アドネとコウもそれに続き、部屋の中を見渡した。
部屋の作りは先ほどと変わっていない。扇形の作りに、時計台の柱。そして六つの月の模型。
しかし先ほどとは違った部分が二つあった。
一つは月の模型が、全て同じ色になっているということ。
さっきは一つだけ黄色く染まっていたのに、今は全て青白い色になっている。
それともう一つは、時計台の柱の前には、ミヅキと幸也。そして顔のない真っ白なゴーストのような者がいた。
「ミヅキ!」
ダナエはミヅキに駆け寄り、ガバッと抱きついた。
「よかった!無事だったのね!!」
そう言って抱きしめると、ミヅキも「ダナエ・・・」と抱きついた。
「こ・・・・怖かったよ・・・。ラシルの邪神がやって来て、みんなを酷い目に・・・・、」
「うん、分かってる・・・・。ごめんね、怖い時に助けてあげられなくて。」
「だから私は一緒に連れて行ってって言ったのに!月にいる方が危なかった!!」
ミヅキは強く抱きつき、わんわんと泣いている。
するとそこへ博臣がやって来て、「ミヅキ!」と叫んだ。
「博臣!!」
ミヅキはダナエから離れ、博臣の方へ走って行く。二人は抱き合い、無事に再会出来たことを喜んだ。
「よかった・・・・ちゃんと生きててくれた・・・・。」
「博臣・・・・もっと早く来てよ・・・・アンタ強い天使に変身出来るんでしょ?だったら早く来てよ・・・・。」
「ごめん、ごめんな・・・・。もう一人で置いて行ったりしないからな。」
「当たり前よ!私も博臣から離れたくない!だって・・・・もう誰も失いたくないもん・・・・。」
ミヅキは酷く傷ついていた。目の前で妖精たちが惨殺され、その中にはサトミや彼女の赤ん坊もいた。
それが目の奥にこびりついて、病魔のように心を蝕んでいたのだ。
コウはそんな二人を見つめながら、幸也に問いかけた。
「よかったな、二人とも無事で。」
「ああ、ほんまに・・・・。もうアカンかと思ったけど、こっちの方のおかげで・・・・。」
そう言って真っ白なゴーストを振り返り、「すんでの所で助けてもらったんや」と言った。
「この人・・・ずっと月に住んでるらしくてな。ダフネやアメルが来る前から、ずっと月におったんやと。」
「へええ・・・俺たちよりも前の住人か。こんな奴初めて会ったな。」
コウは感心し、白いゴーストに近づいた。
「あの・・・・まずはありがとう。ミヅキと幸也を助けてくれて。」
コウはペコリと頭を下げる。そしてすぐに顔を上げて「それでさ、ちょっと聞きたいことがあるんだけど・・・・、」と尋ねた。
「あんたがいったい誰なのか、それも気になるんだけど、それよりもっと聞きたいことがあるんだ。
実は俺たち、月の魔力を求めてここへ来たんだよ。それを手に入れないと、クインに勝てそうにない。だからもし月の魔力の在り処を知ってるなら、教えてほしいんだけど・・・。」
「%$&%$'($&??`'&%」
「やっぱ何言ってるか分かんねえ・・・・。」
相変わらずの意味不明な言語に、コウは困った顔をする。すると白いゴーストは、月の模型を指差した。
それは先ほどまで黄色く染まっていた模型で、それを見てみろという風に指を動かした。
「これがどうかしたのか?」
コウは膝をついて覗きこむ。ダナエとアドネも横から覗きこんだ。
するとそこには、さっきまであったはずの物がなかった。
さっき見た時はケンとアメルの名前が刻まれていたはずなのに、今は無くなっている。
三人は首を傾げ、「?」という顔をした。
「なんで名前が消えてんだ?」
「さあ?誰かが消したとか?」
「あんなもん消えないでしょ。ちゃんと彫ってあったのに。それに黄色じゃなくなってるし、どうなってるの?」
三人はまた首を傾げ、唇をすぼめた。
すると白いゴーストが近づいて来て、コウとアドネの頭にそっと触れた。
その瞬間、何か意味不明な言語が頭に流れ込み、まるで新しいソフトでもインストールしたように、頭の中に今までにない言語が浮かんできた。
「なんだこれ・・・?頭に文字が浮かんだよな、今・・・・。」
「うん、わけの分かんない文字だった。でも・・・・今は理解出来るわ。」
コウとアドネはまたまた首を傾げる。すると白いゴーストが「死んだのだ」と言った。
「うわ!喋った!」
「ほんと。しかもちゃんと言葉が聞き取れるわ・・・。」
二人は驚き、ダナエの背中を押して、前に突き出した。
「ちょ、ちょっと!何するのよ?」
「いや、だって・・・・ここはお前の出番かなって。」
「なんでよ!?」
「なんかさ、その白いゴースト、お前に喋りかけてたみたいだから。」
「そんなことないでしょ。だったらみんなに言葉が分かるようにした意味がないじゃない。」
「そうだけど、でもやっぱりお前と話したがってるように思うんだよ。アドネもそう感じたろ?」
「うん。そのゴースト、ずっと昔から月に住んでるんでしょ?だったら月の王女であるダナエに、何か伝えたいことがあるのかもよ。」
「そんな上手いこと言って・・・・。このゴーストさんが不気味だから、私に押しつけてるだけじゃないの?」
「ううん、違うよ。」
「違う違う。まったく違うわ。」
「怪しいなあ・・・・・・。」
ダナエはブツブツ言いながら、白いゴーストの前に立つ。そして「こんにちわ」と笑顔で喋りかけた。
「ミヅキと叔父さんのこと、守ってくれてありがとう。」
そう微笑みかけると、ゴーストは「死んだのだ」と答えた。
「死んだって・・・・何が?」
「アメル。だから月の模型から名前が消えた。」
それを聞いたダナエは、キツネにつままれたような顔で「え?」と答える。
「お母さんが・・・・・?ちょっと待ってよ、それどういうこと・・・・・、」
「ダフネも死んだ。」
「はい?」
「妖精を治める者たちは、ケンを残して死んだのだ。アメルが死んだことにより、ケンとアメルの永遠の愛の誓いは無効となった。ゆえに、今この月に統治者はいない。だから次なる統治者が必要だ。月の模型に、新たなに名前を刻む者が必要なのだ。」
そう言ってダナエに近づき、目のない顔で見つめる。
「ダナエ・・・・ケンとアメルの娘。私はお前の来訪を、心から嬉しく思う。私は祝福するぞ、お前とコウの未来を。永遠の愛の誓いを。次なる月の統治者となり、その身に月の加護を受けるのだ。」
白いゴーストは手を広げ、そっとダナエを抱きしめる。
そして白い身体を輝かせて、青白い光を放った。
「ダナエとコウに、月の加護と祝福を・・・・。」
青白い光を放ちながら、ダナエに力を与えようとする。
「ちょ、ちょ、ちょっと待って!」
ダナエは慌てて離れ、「いったい何なのよ!」と叫んだ。
「意味が分からないわ!なんでいきなり私が月の加護を受けるの?それにお母さんとダフネが死んだって・・・・馬鹿なこと言わないでよ!」
ダナエは本気で怒っていた。ここへ来てから多くの仲間の死を聞かされ、それに加えて家族の死など聞きたくなかった。
必死に首を振り、「そんなの信じないわ!」と叫んだ。
「お母さんとダフネが死ぬわけない!そんなの絶対に信じるもんか!」
「二人の魂は、もう現世にはない。生き返ることも、生まれ変わることもない。だから次なる統治者が必要だ。ケンは生き残ったが、彼だけでは統治は出来ない。だから・・・・ダナエ、お前なのだ。お前が新たな統治者となり、月を治めよ。コウと永遠の愛を誓い、月の加護を受けよ。」
「だからあ・・・・・わけの分からないことばっかり言わないでよ!本気で怒るわよ!!」
「ではなぜこの扉に入って来た?ここは月の模型に名前を刻み、月の加護を受ける場所。覚悟があってのことではないのか?」
「違うわ!今の私には・・・・永遠に結ばれるような相手はいない。それにお母さんとダフネが死んだなんて絶対に信じないし!」
「戦いで命を落としたのだ。死んだことに間違いはない。」
「それ以上言わないで!!本当に・・・・怒るわよ。」
ダナエは眉間に皺を寄せ、鬼のような目で睨みつける。
「私がここへ来たのは、月の魔力が必要だから。クインはとても強い敵だから、このまま戦ってたんじゃ勝てない。それに地球には恐ろしい悪魔だっているし、メタトロンが力を必要としているの。だから・・・・その為に来ただけ。私はまだ月の女王になるつもりなんてないし、お母さんとダフネが死んだことも信じない。だって・・・月の女神はダフネで、妖精王はお父さん、妖精妃はお母さんでしょ?だから・・・・もう死んだなんて言わないで・・・・聞きたくないから・・・・。」
「いいや、死んだのだ。二人とも戦いで・・・・・、」
「言うなって言ってんでしょおおおおお!!」
ダナエは金切り声を上げ、ゴーストに飛びかかろうとした。
しかし「落ち着け!」とコウに抱えられて、「離してよ!」と暴れ回った。
「アイツいい加減なことばっかり言いやがって!なんでそんな嫌なことばっかり言うのよ!?」
「お前の気持ちは分かるけど、ちょっと落ち着けって!」
「落ち着けるかバカ!コウは腹立たないの!?なんで平気な顔してるのよ!ダフネとお母さんが死んだなんて、しょうもないこと言ってるのよ!なんで怒らないの!?」
「お前が先に怒ったからだ!それとな、月の魔力なら教えてもらう必要はない!だって目の前にいるんだから。」
「はあ?何言ってんのよ・・・・どこにそんなもんがあるの!?」
「そのゴーストに決まってんだろ!そいつはお前に加護を与えて、月の統治者にしようとしてるんだぞ!だったらそいつ自身が月の魔力ってことじゃないのかよ!?」
コウはそう言って、まだ暴れるダナエの肩を掴んだ。
「俺とお前は友達だ。家族みたいに仲のいい友達だ。」
「だから何!?」
「だからお前の気持ちは分かるって言ってるんだよ。お前・・・・もうけっこう参ってるだろ?無理して誤魔化してるけどさ。」
「・・・・何よそれ・・・・分かったみたいなこと言って・・・。」
ダナエは暴れるのをやめ、コウの手を振り払う。
「私が無理してるなんて、いつものことじゃない。それこそコウなら分かるでしょ・・・・。」
そう言ってボロボロと泣き出し、「なんなのよ・・・・なんで・・・なんでえ・・・・」と崩れ落ちた。
「ああああああああああ!もうイヤだよお・・・・もう誰かが死んだなんて聞きたくないよおおおおお!ああああああああああ!」
まるで赤ん坊のように泣き叫び、天を仰いで大粒の涙をこぼす。
「うううあああああああああああ!」
身体から力が抜け、槍が落ちてコロコロと床を転がる。背中の羽は枯れたように項垂れ、喉の奥まで見えそうなほど口を開けて泣いた。
ケルトの神々の死、クトゥルーとスクナヒコナの死、そして妖精の死に、多くの天使や死神の死。
その一つ一つが心に暗い雪を積もらせて、さらにコウにフラれるという痛みが加わった。
そして最後に・・・・母とダフネの死。
降り積もる黒い雪は、とうとうダナエの心から溢れた。
とめどない怒りと悲しみは、暗い感情をさらに増幅させ、ダナエの口から叫びとなって放たれる。
「こんなんだったら・・・・みんないつか死んじゃう!コウもミヅキも、それにアドネもメタトロンも・・・・誰もかれも死んで、私だけ残ったらイヤだだよおおおおお!だったら私だって死んだ方がマシだああああ!一人にされるくらいなら、ここで死んだ方がいいよおお・・・!あああああああ・・・・・・。」
涙と鼻水、それにヨダレが洪水のように溢れ、目も当てられないくらいにぐちゃぐちゃになっていく。
そして頭を抱えて床に突っ伏し、そのまま動かなくなってしまった。
背中と肩が微かに震えているが、まるでカメのようになって動かなくなる。
コウは「ダナエ・・・・」と呟き、そっと肩を抱いた。
心配したアドネが「大丈夫・・・?」と寄って来るが、「今・・・・顔見ないでやってくれよ・・・」とコウが言った。
「幼児退行してる。赤ん坊みたいに指しゃぶってるんだ。こんなの見られたくないだろうから・・・・。」
「わ・・・・分かった・・・・。私・・・もう戻ってた方がいいかな?」
「そうだな。また俺たちが危なくなったら頼むよ。」
「うん。じゃあ・・・・ダナエのことよろしくね。」
アドネは青い稲妻を纏い、コスモリングに戻る。するとミヅキと博臣も、心配そうに近寄って来た。
「ダナエ・・・・赤ちゃんみたいになっちゃったの?」
「ああ、昔はよくこういうことがあったんだよ。今までずっと我慢してたみたいだけど、アメルとダフネのことでトドメを刺されたみたいだな。」
「お母さん・・・・亡くなっちゃったんでしょ?」
「うん・・・・。」
「コウは辛くない?仲間を亡くしたのに・・・・。」
「辛いけど・・・・でもアレだよな、不思議なもんさ。ダナエが先に取り乱したから、俺は今のところは平気さ。今は・・・・だけど・・・。」
コウはダナエの背中をゆっくりと撫でる。その優しさは、ダナエの背中を撫でるのと同時に、自分の胸の中を撫でているようでもあった。
ミヅキは膝をつき、コウと一緒にダナエを慰める。親がいなくなる悲しみはよく知っていて、少しだけ幸也を見つめてから、すぐにダナエに視線を戻した。
博臣はしばらくその様子を眺めたあと、急にゴーストの方に向かった。
「あのさ・・・・俺の中に天使が宿ってて、その天使がアンタと話がしたいんだってさ。俺にも言葉が分かるようにしてくれない?」
そう頼むと、ゴーストは博臣の頭に手を触れた。奇怪な言語が流れ込み、ゴーストの言葉を理解出来るようになる。
「俺の中の天使・・・・メタトロンっていうんだけど、アンタにお願いがあるみたいなんだ。」
そう言ってメタトロンの意志を伝えようとすると、ゴーストは奇妙な動きをした。そしてノイズのかかったテレビのように、消えたり現れたりと、姿が定まらなくなる。
「月の魔力を求めても無駄だ。・・・・月の魔力は、月を治める為にある。私は他の誰にも、月の魔力を与えるつもりはない。」
「でもさ、このままだと月までやられちゃうかもよ?そうなってもいいの?」
「滅びる運命にあるならば、それも仕方ない。」
「いや、だけどさ・・・・・、」
博臣は食い下がる。そして先を続けようとした時、額が光ってメタトロンに変身した。
「お前が月の魔力そのものだったのだな?」
メタトロンは威圧的に尋ねる。ゴーストは何も答えず、ただ奇妙なダンスを踊っている。
「事態は深刻だ。今すぐ私に協力してほしい。」
「・・・・・・・・・・。」
「月には月の掟があり、お前にもお前の流儀があるのだろう。それは分かるが、どうか私の頼みを聞いてほしい。
何もずっとお前の力を欲するわけではないのだ。クインとルシファーたちを倒したら、お前を必ず月に戻すと約束する。だからどうか、私に力を貸してほしい。」
メタトロンは威圧的な口調ながらも、その態度は真摯だった。
真っ直ぐにゴーストを見つめ、威風堂々と立っている。
それは決して嘘は言わないし、必ず約束は守るという、精一杯の誠意の表れだった。
本当なら膝をつくか、頭を下げればいいのかもしれないが、天使の長たる者、神以外の者にそこまですることは出来なかった。
だから堂々と正面に立ち、微動だにせずに返事を待った。
「・・・・・・・・・・。」
ゴーストは何も答えない。その代わり、ダンスをやめてメタトロンの目を見つめ返した。
「妖精になる覚悟があるならば、私の一部を貸してもいい。」
「妖精に・・・・?」
「人間を使えば、月の者以外にでも加護を与えられる。しかし一歩間違えば、この月は塵となる。そしてこの月の大地にいる者は、永遠に妖精となってしまう。」
「それは知っている。ならばその覚悟があると答えたら、協力してくれるのだな?」
「二度と天使には戻れない。神に仕えることもなくなる。それでもいいと?」
「・・・・良くはない。しかし正義を貫くには、危険を承知で決断する事も必要だ。ゆえに、私の答えは決まっている。」
「永遠に妖精のまま、永遠に住処を失って彷徨う運命になったとしても?」
「それでも答えは変わらない。私が考えるのはただ一つ!神の意志の代行者として、我が正義を貫くのみ!如何ような未来も恐れはしない。」
メタトロンは強い口調で、そして一句一句重い口調で言う。
彼の身に宿るのは、天使としての使命を全うすること、そして悪を打ち滅ぼす正義の炎だけである。
そんなメタトロンの答えを聞いて、ゴーストは奇怪な声で笑った。
そして・・・・ほんの、ほんの一瞬だけ、顔が浮かび上がった。
「これは・・・・人間の顔?」
メタトロンはじっと目を凝らす。しかし一瞬で顔は消えた。
ゴーストは奇妙な動きをしながら、幸也の元に歩く。そして両手でしっかりと抱きかかえた。
「うお!な・・・なんや!?」
慌てる幸也。しかしゴーストは彼を離さない。
「私の半分を天使に、そしてもう半分をダナエに与える。この人間を依り代とし、月の魔力がお前たちに降り注ぐだろう。上手くいくよう・・・・願っていろ。」
そう言って幸也の中に吸い込まれていき、彼の頭の中で奇怪な言語が溢れた。
言葉のような、歌のような、それでいて絵のようでもあるし、数式のようでもある。
そんな奇怪な言語が、幸也の頭の中に渦を巻く。
「うおおおおおお!頭が・・・・頭が吹き飛ぶうううううう!」
幸也は床に突っ伏し、辺りをのたうち回る。
それを見たミヅキは、「お父さん!」と駆け寄った。
「どうしたの!?何があって・・・・、」
「近寄ってはならん!」
「メタトロン・・・・お父さんが苦しんでる・・・どうにかしてよ!」
ミヅキはメタトロンの腕を掴み、苦しむ父を見つめた。
「あんなに苦しんでる・・・・死んじゃうよ!」
「・・・・今は見ているのだ。お前の父が、クインやルシファーを倒す鍵になるかもしれない。」
「鍵って・・・・。」
二人はじっと幸也を見つめる。そして当の幸也は、頭に溢れる奇怪な言語に苦しんでいた。
その言語は人の想像力を増幅させ、頭の中から外の世界へと呼び出す力があった。
正しく文字を理解し、それを頭の中に並べ、月の魔力からのメッセージを言葉にしなければならない。
それを終えた時、月の魔力は解放される。
しかしもし失敗したら、月は塵となる。そしてこの星にいる全ての者は妖精となり、行き場を失って宇宙を彷徨うことになる。
「お・・・・ああ・・・・。」
幸也は妙な感覚に苦しんでいた。脳ミソをミキサーで掻き回されるような、耐えがたい苦痛と気持ち悪さだった。
大量の文字、そしてイメージが交錯し、頭の隅々まで縦横無尽に駆け巡る。
しかし・・・・・少しずつ、ほんの少しずつだが、それを理解し始めた。
文字として、絵として、音として、そして・・・・やがてはパズルのように、綺麗に言葉が並び始めた。
そして頭の中に並んだ言葉を、ゆっくりと口から吐き出した。
「・・・・・神話の・・・・時代へ・・・・・還れ・・・・。」
そう呟いた瞬間、全てが消えた。まるでテレビの画面を消したように、そして読んでいた本を閉じたように、何もかもが一瞬だけ消えた。
月の全てが、ほんの一瞬だけ消え去ったのだ。
一瞬のブラックアウトの後、また元に戻る。辺りには何の変化も無く、先ほどと変わらない。
しかしゴーストはいなくなっており、幸也が床に倒れていた。
「お父さん!」
ミヅキは駆け寄り、「どうしたの!?頭が痛いの!」と揺さぶる。娘に呼ばれて、幸也は薄く目を開けた。
「だ・・・・大丈夫・・・・痛いの・・・・もう治まったみたいや・・・・。頭ん中が・・・・スッキリしとる・・・。」
そう言って笑うと、ミヅキはホッと息をついた。
その時、月全体が激しく揺れた。どこかに隕石でも落ちたかのように、一つの星がグラグラと揺れる。
そしてかすかに雄叫びが聞こえた。
「この声は・・・・・?」
コウが顔を上げると、「九頭龍だな」とメタトロンが答えた。
「メタトロン・・・。さっきのアレ、月の魔力の解放は・・・・、」
「さあな。上手くいったかどうか・・・・自分で確かめて来るとしよう。」
そう言って城の外に歩き、「ダナエ!コウ!」と振り返った。
「お前たちは、まだ戦わねばならぬぞ。」
コウは唇を結び、メタトロンの顔を見つめた。
「あのゴーストは、月の魔力の半分を私に、そしてもう半分をダナエに分け与えた。それが意味するところは何か?よく考えれば、おのずと答えが見えてくるだろう。私は・・・私の戦いに赴く。」
そう言葉を残し、城を出て行く。するとミヅキが「待って!」と叫んだ。
「お願い!私とお父さんも、あなたの中で守ってよ!」
ミヅキは必死に父を抱き起し、「お願い・・・・博臣と一緒にいたいの」と目を潤ませた。
メタトロンはしばらく迷ったが、「いいだろう」と頷いた。
「しかし私の赴く先は戦いだぞ。」
「それでもいい。こんな場所で残されるよりは・・・・。」
ミヅキは父の肩を支えながら、メタトロンの元に向かう。そしてふとコウを振り返った。
「ダナエ、まだ落ち込んでる?」
「ああ、しばらくはこのままかも。」
「そっか・・・・。じゃあちゃんと傍にいてあげてね。ダナエにとってのコウは、私にとっての博臣と一緒だから。傍にいてくれるだけで、すごく安心するの。」
「・・・・うん、ダナエは俺が支える。俺が生きてる限りは。」
そう言って、震えるダナエの肩を撫でた。
「・・・じゃあね、コウ。また・・・・。」
ミヅキは二人に別れを告げ、メタトロンの前に行く。
「あ、そうだ!ちゃんと博臣の身体を返してよ。」
「分かってる。絶対に無事に返すよ。」
「約束だからね。絶対によ。」
強く念を押し、ニコリと笑う。そしてメタトロンの宝玉へと吸い込まれていった。
「コウ、私は必ずルシファーたちを討つ!ラシルとクインのこと・・・・任せたぞ。」
メタトロンは強い眼差しを向け、その視線を受け取ったコウは、大きく頷いた。
メタトロンは城の外へ去り、元の大きさに戻って、龍神たちが戦っている場所へ向かう。
コウは両手でダナエを抱きしめ、ゆっくりと持ち上げた。そして床に落ちたダナエの槍を拾い、城の外へと歩いた。
「まだ指吸ってら。でも今はこの方がいいか。下手に暴れられるよりは・・・。」
外へ出て、ふわりと空に舞い上がる。そして箱舟を停めてある場所を目指した。
「ダナエ・・・もう一度ラシルへ戻ろう。あの邪神はここではくたばったりしない。ヤバくなったら、きっとラシルに戻るはずだ。」
コウの声は強く、そして決意に満ちている。幼児退行したダナエは、指をしゃぶりながらその声を聞いていた。
「あのゴーストは、お前に邪神を討てって言ってるんだ。だから魔力の半分を与えた。そして次にこの月へ戻って来た時、お前は月を治める女王になるはずだ。その時・・・・俺の力が必要だっていうなら、いくらでも力になる。お前が望む限り、俺はずっと傍にいるから。」
コウにとって、ダナエは誰にも代えられない存在である。
恋愛や友情を通り越した、もはや自分の分身のようにさえ思えっていた。
ダナエは今、受け入れがたい多くの仲間の死から、幼児の殻に閉じこもることで目を逸らしている。
しかし胸の中に宿る、戦いへの火が消えたわけではない。
いつか必ず自分の殻を突き破り、邪神に戦いを挑む。きっとそうであるはずだと、コウは信じていた。
その時まで、何としてもダナエを守ってみせる。その想いだけが、今のコウを支えていた。
仲間の死、そしてアリアンロッドへの消えない悲しみ。
コウの胸には、ダナエと同じくらい大きな暗い感情が溢れている。
しかしコウは強い。ダナエと違い、いつだって真っ直ぐ前を向いていられる強さがある。
次に月へ帰って来る時、それは全ての戦いが終わった時である。
自分たちの戦いはラシルにあり、あの星こそが全ての始まりだった。
コウの腕にはダナエの体温、そして息使いが伝わる。
最も大切な、そして最も愛しい者を抱え、箱舟の元へ飛んで行く。
そしてようやく船の近くまで来た頃、また大きな雄叫びが響いた。
それは間違いなく九頭龍の叫びで、苦痛を吐き出す悲鳴のようにも聞こえた。
遠い地平線の向こうで、燭龍の花が赤い輝きを放っている。
陽の出のような戦火が、月の空と大地を焼いていた。



             ダナエの神話〜魔性の星〜 -完-

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM