VS変人類〜占い 師観月の挑戦〜 最終話 占い師VS変人類

  • 2015.12.19 Saturday
  • 14:21
JUGEMテーマ:自作小説
通い慣れた店というのは落ち着くもので、ズズッと苦いコーヒーをすする。
目の前には杉原と高司もいて、同じようにコーヒーを飲んでいた。
見慣れた友達の顔も、俺の心に安らぎを与えてくれる。持つべきものは友だなと、感慨深く窓の外を見つめた。
「そういやあそこにいた呪い女、いつの間にかいなくなってたな。」
杉原がコンビニに目を向けながら言う。
「まあそのおかげで、またここへ来れるようになったんだけどさ。お前なんか知ってる?」
そう聞かれた高司は「知らねえよ」と答えた。
「クビにでもなったんじゃねえの?」
「やっぱそうなんかな?全然見ねえもんな。」
「そりゃ仕事中に猫に餌やったりしてたらクビになるだろ。」
「もう二度と関わりたくないタイプの女だったな。」
「顔は可愛かったけどな。でも性格があれじゃ男は出来ないだろ。」
「アレ、処女かね?」
「じゃないの。だって男がいそうな感じしなかったし。」
二人はコンビニに目を向けながら、あの女について語り合う。
そして「お前はどうよ?」と杉原が尋ねてきた。
「あの女、男がいると思うか?」
「・・・・・・・・・。」
「どうしたよ黙り込んで?」
「別に。」
「歳は幾つくらいかね?俺はけっこういってると見てんだが。」
「19。」
「19?あれが?」
杉原は口をすぼめ、高司と目を合わせる。
「あれが19はないだろ。30手前くらいに見えるぞ。」
「俺もそう思う。若くても20代の半ばくらいだろ。」
「19。」
「ほんとかよ・・・・?」
「ほんと。19で間違いない。」
「マジかよ・・・・・とてもそんな風に見えねえ。」
杉原は納得がいかないという風に目を細める。すると高司が「まあコイツが言うんなら間違いないんじゃないの」とフォローした。
「コイツ、女を見る目だけは確かだからな。」
「まあ・・・・そうだな。ていうかそれで食ってるようなもんだし。」
「占い師よりホストに向いてるよな。」
「いやあ・・・どうかな?あの世界って上下関係がキツイらしいから、コイツには向かねえだろ。」
「ああ、確かに。」
「でもこの女たらしが言うなら、やっぱり19なのかもな。」
「そんな若いのに、あんな電波な性格とはな。顔が可愛いだけに不憫だよ。」
「ならお前がもらってやれよ。」
「なんでだよ?彼女いるっつうの。」
「でも浮気されたんだろ?ていうかお前二番目だったじゃん。」
「・・・・・・・・・・・。」
「あ、マジでへこんだ?」
「それ言うなよ・・・・・こう見えてもかなりショックだったんだから・・・・。」
高司は落ち込み、「女って分かんねえ・・・」と呟いた。
「まさか他に男がいたなんて・・・・、」
「もう別れろよ。ていうか別れるべきだ。」
「んなこと分かってんだよ。でもなあ・・・・めちゃくちゃ可愛いからな・・・・、」
「顔だけで選ぶなら、あの呪い女でもいいじゃん。」
「いや、さすがにアレはちょっと・・・・、」
「なら今の女とも別れろよ。でないとずっとATMにされるだけだぞ。」
「でも可愛いから・・・・、」
「だったら呪い女でもいいじゃん。」
「アレはちょっと・・・・、」
「なんで?顔もスタイルも良かったじゃねえか。面食いのお前なら性格なんて二の次だろ。」
二人は電波女と付き合えるかどうかの話題に移り、かなり盛り上がっている。
俺はタバコに火を点けながら、「彼氏ならいるぞ」と答えた。
「ん?何が?」
杉原が目を向ける。俺はもう一度「彼氏ならいる」と答えた。
「あの女に?」
「そう。」
「マジかよ?」
「芸術家の卵と付き合ってる。」
「芸術家の卵?えらい具体的な推測だなオイ?」
「写真のモデルになったのがキッカケだ。お互いに変人だから、何か通じ合うものがあったらしい。」
「そ・・・・そうなのか。まるで見て来たような言い草だな。」
「見てはいない。でも知ってはいる。」
そう答えると、杉原は「おいおいおい・・・・」と身を乗り出した。
「お前・・・・とうとうオカルトに染まり始めたか?」
「なんで?」
「だって見てないのにどうして分かるんだよ?霊視でもしたのか?」
「しなくても分かる。」
「なんで?」
「これがあるから。」
俺はスマホを取り出し、銀鷹君から送られてきたLINEを見せた。
そこには電波女と一緒に写っている銀鷹君がいた。
仲良さそうに寄り添い、頭をくっ付け合っている。
そして写真の下に、『付き合うことになりました!』とメッセージが添えてあった。
それを見た二人は「何これ!?」と叫んだ。
「おい!なんだこりゃ!?」
「呪い女が満面の笑みでピースしてる・・・・・逆に怖い。」
二人はまじまじと写真を見つめながら、信じられないという風に目を寄せ合っていた。
「その二人、俺が占った客だ。」
「マジで!?」
杉原が目を見開いて驚く。
「このインディアンみたいなオッサンと、あの呪い女を占ったのか?」
「まあな。ちなみにインディアンの方はオッサンじゃない。また17のガキだ。」
「ああ・・・なるほど・・・これがお前の言ってた変人どもってわけか。」
「他にも変人はいるぞ。若ハゲの霊能力者に、男みたいな女と結婚してるマッチョマン。どいつもこいつも俺の自信を打ち砕きやがった。」
「ならこの二人も・・・・・、」
「ああ。どっちも俺を苦しめた強敵だ。みんな理解不能な連中だよ。」
「・・・・そうか。あの呪い女みたいな客ばっかりだったら、そりゃ自信も失うわな。」
「さっきその女の歳を当てたけど、それは本人から聞いたことだ。」
「そうなの?」
「俺の見立てじゃ、30手前のバツイチだったからな。」
「え?この女バツイチなの?」
「なわけねえだろ。まだ19だぞ。」
「なら何一つ当たってねえじゃん。」
「うむ、見事にな。」
「いや、偉そうに言うなよ。」
杉原は椅子にもたれかかり、「それ致命的じゃんか」と指をさした。
「お前の占いって、女を見抜く眼力がものを言うんだろ?そんでペラペラ屁理屈並べ立ててさ。」
「屁理屈は余計だ。」
「でもその眼力が衰えてきたとなると、これはやっぱり致命的なんじゃ・・・・、」
「違う、衰えたんじゃない。通用しない相手がいるってことだ。」
タバコを吹かしながら、コンビニの方に顔を逸らす。わざとらしく目を細め、「世の中ってのはなあ・・・・」と切り出した。
「俺が思う以上に変わった奴らがいる。しかも意外と多い。」
「占いに来る時点で、そうまともじゃないだろ。」
「んなことねえよ。悩みを持ってる奴は、けっこう来たリするんだ。」
「でもこの先変人の客が増えるとなると、それは困るよな?」
「・・・・変人も困るけど、それ以上に困ってることがある。」
「何?」
「女を見抜く俺の眼力・・・・・今まで正しかったのかなって疑ってるんだ。」
真面目な顔でそう言うと、二人は顔を見合わせた。そしてワンテンポ遅れて「だははははは!」と笑った。
「なんだよお前!すんげえ自信失くしてるな。」
「よっぽど変人どもが強烈だったんだよ。だからこんなに落ち込んでんだ!」
二人はなぜか爆笑し、涙目でコーヒーをすする。
俺はタバコの煙を飛ばして、「何がおかしい?」と睨んだ。
「いや・・・・だってさ。お前の女を見る目は悪くないよ。」
「そうそう、実際に結婚まで漕ぎ着けたカップルだっているわけだし。」
「ならなんで笑う?俺は本気で落ち込んでんだぞ。」
そう言ってまた煙を飛ばすと、杉原は「それで最近サボってたんだな」と頷いた。
「お前、もう一カ月くらい占いをやってないんだろ?」
「自信がない。何言ってっも屁理屈にしかならないような気がするんだよ。」
「いや、元々屁理屈だから。」
「でもそれなりに筋の通った屁理屈だ。だけどそれが変人には通用しない。商売上がったりだよ。」
「ならここらで転職するか?今ならウチで整備士を募集してるぞ。」
「・・・いや、いい。」
「なんで?もう26なんだし、そろそろ本気で人生考えないと。なあ?」
そう言って高司に同意を求めると、「まあそうだな」と頷いた。
「30過ぎたら就職だって難しくなるわけだし、ここらで地に足のついた職を見つけた方がいいんじゃね?」
「だよな?俺もそう思う。」
「二年も自分の好きなことやってきたんだぜ?もうそろそろ本気で人生考えても良い頃だろ。でないとお前自身が変人になっちまうぞ。」
「まあそうなったらなったで面白いけどな。あの呪い女みたいな奴とくっ付いたりして。」
「それはそれで見てみたいな。こいつらな案外上手くやるかも。」
二人は勝手な話題で盛り上がり、俺の意見などそっちのけだ。
でもまあ・・・・そう言われても仕方がない。杉原も高司も固い職に就いてるわけで、こいつらからしたら俺なんて遊んでる風にしか見えないだろう。
だけど俺にだってまだ信念はある。
自信は失ったけど、でも逃げる気にはなれない。
むっつり黙ったままタバコを吹かしていると、「そういえばさ」と杉原が口を開いた。
「ちょっと前のことなんだけど、俺らの周りを嗅ぎまわってる奴がいたんだよ。」
「嗅ぎまわる?」
突然気になることを言い出し、思わず顔をしかめた。
「なんか頭の禿げたオッサンでさ、仕事場とか家の周りをウロウロしてんだよ。そんで一度だけ話しかけられたことがある。」
「・・・ほう・・・・頭の禿げたオッサンねえ・・・・。」
天井に煙を飛ばし、ポワっと輪っかを作る。
すると高司も「お前もか!」と驚いた。
「実は俺んところにも怪しい奴が来たんだよ。なんかこっちのことをジロジロ見てさ。気味悪かったな。」
「マジかよ・・・お前もかよ。」
「あれさ、もしかして探偵か何かじゃね?」
「ああ、なるほどな。誰かの浮気を調べてたとか?」
「可能性はあるだろ。」
「でもそうなると、俺とお前の共通の知り合いを調べてたことになるよな?でないと俺らん所に来ないだろうから。」
「俺とお前の共通の知り合いかあ・・・・。けっこういるから分かんねえな。」
「でも探偵が調べるなら、やっぱり浮気調査だろ。だったら結婚してる奴だ。」
「俺とお前の共通の知り合いで、なおかつ既婚者・・・・。何人か思い当たるな。」
「ほら、木根とか浮気しそうじゃね?あいつけっこう女遊びが酷いから。嫁さんには隠してるらしいけど。」
「かもな。でも園田も怪しいな。あいつ昔っから性欲の塊みたいな男じゃん?一人の女で満足してるとは思えない。」
「そう考えると、どいつも怪しく思えてくるな。」
「まあなあ・・・。でも浮気しない奴の方が少ないんじゃね?俺だって彼女に浮気されてたわけだし。」
「いや、お前のは浮気とは言わない。ただの金づるって言うんだ。」
こいつらは女みたいにコロコロ話題を変えやがる。
俺は短くなったタバコを消しながら、「それは探偵じゃねえよ」と答えた。
「多分そいつは占い師だ。」
「占い師?」
「自称霊能力者のな。」
「霊能力者なんてみんな自称だろ。」
杉原は馬鹿にしたように笑う。
「あ、そういえばお前ん所にも霊能力者がいるんだろ?」
「隣にな。まだ25なのに禿げ散らかしてる。」
「25でハゲか・・・・辛いもんがあるな。」
「同情は不要だぞ。だってお前らの周りを嗅ぎまわってた怪しい奴ってのは、多分そいつだ。」
そう答えると、二人して「マジで!?」と驚いた。
「マジマジ。ていうかあのハゲしか考えられない。」
「でも・・・なんでそんな事すんだよ?」
「多分俺の情報を集めてたんだろ。」
「お前の情報?・・・・・それ、まさかストーカーされてるんじゃ・・・・、」
「違えよバカ。霊能力の下準備だ。」
「霊能力の下準備?なんだそれ?意味分かんねえ。」
「ホットリーディングって言ってな。霊能力者とか超能力者がよくやる手法なんだよ。
事前に相手のことを調べておいて、その情報を元に霊視や占いをするんだ。そうすりゃいくらでも相手の事を当てられるだろ?」
「ああ、なるほどね。下準備ってそういう意味か。」
「テレビに出てる霊能力者とかがよくやる手法らしいぜ。」
「ふうん、占いもけっこう手間が掛かるんだな。普通の仕事やった方が効率的じゃね?」
「名前が売れれば大金が手に入るからな。やるだけの価値はあるんだろうぜ。」
「なるほどねえ。でもさ、なんでお前がそのホットリーディングとやらをされてたわけ?占い師が占い師を占っても意味ないだろ?なんか事情でもあるのか?」
「さあな。でも嫌われてるのは間違いない。元々反りが合わなかったし、俺もあのハゲのことは嫌いだ。」
「ならそのホットリーディングってやつで情報を集めて、お前に嫌がらせでもしようとしてたってわけか?」
「みたいだな。まあ失敗に終わったけど。」
「大変だな、占い師の世界も。どこ行ったって競争社会なのは変わらないってことか。」
「そういうのとは違う。ただ単にあいつが俺のこと嫌ってただけだ。」
憎きあのハゲの顔を思い出しながら、新しいタバコを咥える。
カチリと火を点け、天井に向かって煙を飛ばした時、高司のケータイが鳴った。
「あ!」
「どした?」
「仕事用のケータイなんだよこれ。出たくねえなあ・・・・。」
「出なきゃいいじゃん。」
「そういうわけにもいかないんだよ。」
「なんで?嫌なら無視すりゃいいだろ。」
煙を飛ばしながら言うと、「あのな・・・」と睨まれた。
「俺は人に雇われる身なの。自由気ままなお前とは違うんだよ。」
「さいですか。」
「ちょっとすまん。」
そう言って席を外し、外へと出て行く。窓から様子を眺めていると、ケータイ片手にお辞儀をしていた。
「大変だなあいつも。」
「まあ営業職だからな。最近は土日だってけっこう働いてるぜ。」
「休日出勤ですか、精が出ることで。」
「まあ高司には向いてるよ。あいつけっこう人当たりがいいし、俺らん中で一番体育会系だし。だから契約だってけっこう取ってるみたいだし、少々のことでへこたれないし。」
「それは言えてるな。あいつのメンタルは鉄とまでは言わなくても、ステンレスくらいは硬そうだ。」
「営業は向いてる人間には天職だっていうからな。ノルマさえ上げりゃ給料も比例するし。」
「出来高制か。なら俺の仕事と似てるな。」
「技術職なのは俺だけだ。」
「おい、占い師だって技術職だぞ?」
「屁理屈こねるだけの仕事で何言ってんだ。技術職ってのは、何かを生み出す仕事のことなんだよ。」
そう言ってスパナを回す振りをして、「俺みたいな仕事が技術職だ」と胸を張った。
「どこが?イカれた車直してるだけじゃねえか。」
「直さなきゃ走れないだろ?死ぬかもしれない車を復活させてんだ。充分にクリエイティブだろが。」
「クリエイティブって。お前からそんな言葉が出るとは思わなかった。」
「ふん、何とでも言え。俺はこの仕事に誇りを持ってんだ。」
「昔っから車好きだったもんな、お前。」
「まあな。ずっと好きなもんに触れられるってのは幸せなことだ。」
そう言ってグイっとコーヒーを飲み干し、「んじゃ俺も行くわ」と立ち上がる。
「お前も?」
「午後から仕事なんだよ。」
「みんな休日出勤だな。もっと日曜を大事にしろよ。」
「そうしたいけど、この不況じゃ休んでる方が損だ。それに車イジッてる時は幸せだし、別に嫌々行くんじゃねえよ。」
テーブルの伝票を摘まみ、「ここは奢るわ」とカウンターへ向かう。
そして急に振り返って、「お前はいつまでサボってんだ?」と尋ねた。
「何が?」
「占いだよ。もうこのまま行かないつもりか?」
「さあ、分かんね。」
「でも一カ月も休んでんだろ。あんまりサボってると、客だって離れて行くんじゃねえか?」
「ちょっと考える時間が欲しいんだよ。」
「そうか。まあお前の仕事のことだからな、納得いくまで悩んだらいいけど。」
そう言って「でもマジでヤバくなったら言えよ」と指をさした。
「俺ん所ならいつでも募集してる。本気でやる気なら、俺が一から車のこと教えてやるから。でもその代わり根性はいるぞ。」
「なんだよ?今日はえらく優しいな。」
「これでも一応お前を心配してんの。高司だって同じだぜ。」
「そうなの?」
「そりゃ占い師なんて不安定な仕事してんだ。いつどうなってもおかしくねえだろ。」
「気持ちはありがたいけどな、でも同情はいらん。お前らに心配されるほど落ちぶれてないしな。」
「そんな減らず口が叩けるんならまだ大丈夫だな。」
杉原は笑いながら会計を済ませ、「そんじゃまた」と手を挙げる。
俺も「おう」と返すと、コンコンと窓がノックされた。
見ると高司が《すまん》と言いたそうな表情で、手を拝むようにしていた。
ケータイを指さしながら、『し・ご・と』と口の動きで伝える。
「お前もか。またな。」
手を挙げて言うと、高司も手を挙げて応える。そして足早に車の方へと去って行った。
「みんな忙しいねえ。」
冷めたコーヒーをすすりながら、一人タバコを吹かす。
「やっぱあいつらからしたら、俺も変人の部類なんかな?でも俺なんかよりももっと変人がいるわけで、だったら俺は何だ?
普通の奴でもない、かといって変人でもない。いったいどこに位置してるんだろうな?」
一人呟きながら、店の中を見渡す。
すると離れた席にポツンと座る美人がいて、思わず見つめた。
《すんごい美人だな。しかも日曜の昼時に、一人で喫茶店に来て本を読んでる。映画とかドラマの中でしか見たことないけど、ほんとにあんな奴がいるんだなあ。》
物珍しく見ていると、ついつい俺の目が疼き出す。
あんな美人が、休日に一人で本を読んでいる。しかもわざわざ喫茶店で。
いったいどういう理由でここへ来て、どういう理由で一人で本を読んでいるのか?
歳は幾つだ?恋人はいるのか?結婚は?子供は?
どんな性格で、どんな思考の持ち主で、どんな仕事をしていて、どんな人生を歩んでいるのか?
無意識に分析を始め、気がつけば占いモードに入っていた。
《・・・・ああ、なるほどね。俺もあいつらと同じだわ。仕事の日でもないのに、仕事をしようとしてる。
これってつまり、仕事を仕事と思ってないってことだ。これをやる事こそが、自分の人生だって思ってるんだな。》
俺は変人か?それとも普通の人間か?
それは分からないけど、でも確かなことがある。
俺もこの先も占い師を続けていたいってことだ。
色んな変人に当たって自信を失くしていたけど、でもそんなものはまた取り戻せる。
これこそが自分の仕事なんだって思えるなら、辞める理由なんて一つもないんだから。
《自信くらいいくらでも取り戻せる。でも天職を捨てたら一生後悔する。》
杉原も高司も、そろそろ本気で人生を考えろと言うが、本気で考えるからこそ普通の仕事には就けない。
俺は本を読む女を見つめながら、もし彼女が客として来たらどうしよかとシュミレーションした。
すると向こうもこちらに気づき、ふと目が合ってしまった。
俺は笑顔で軽く頭を下げる。
女は訝しそうに眉を寄せていたけど、やがて読書に戻った。
《歳は27ってところかな。彼氏はいない、でも男性経験がないわけじゃなさそうだ。見た目は大人しそうだけど、でも芯はブレないタイプと見た。
思ったことはそのまま口にせず、一度頭の中で整理してから喋りそうな感じだな。そうするのは思慮深いからっていうのもあるけど、多分相手を気遣ってのことだ。
でもそれって逆に言えば、大抵の相手は言い負かせるほど弁が立つってことでもあるよな。格闘技やってる奴が、素人と戦う時は手加減するみたいな感じで。》
冷めたコーヒーをすすり、さらに観察を続ける。
《こういうタイプの女は、残念ながら男には縁が少ない。顔は良いし、性格も悪くなさそうだけど、男って自分よりも弁の立つ女なんて敬遠するからな。》
弁が立つということと、口喧嘩が強いということは別で、口喧嘩が強いだけの女なら、男はそこまで敬遠しない。
しかし理詰めで弁が立つ女というのは、男にとってはある種の天敵だ。
感情論で負ける分にはいいけど、理論や知性で負けると男の立つ瀬がなくなるからだ。
《そういうのを情けないって言う女もいるけど、じゃあ果たしてそういう女は、自分よりもファッションセンスが良くて、自分よりも綺麗な顔した男と付き合えるかって話だ。
男には男のプライドがあって、女には女のプライドがある。どっちのプライドも異性に突かれると嫌なもんだから、相手を立てない奴は男女共に嫌われる。
悪いけど、本を読んでるあの女はそういうタイプだな。自分じゃセーブしてるつもりでも、男のプライドを逆撫ですることが多そうだ。
電波女ほどじゃないにしても、彼女もある種の変人と言ってもいいかもしれないな。》
そう分析していると、マスターがこちらに歩いて来た。
ちょっと薄くなった頭をテカらせながら、「観月君さ」と呼んだ。
「今あそこに座ってるお客さんなんだけど・・・・、」
「ああ、あの本を読んでる人?」
「あの子ね、最近よく来るんだけど、どうも悩んでるらしいんだよ。」
「悩んでる?何を?」
「その・・・・仕事も恋愛も上手くいかないらしくて、その原因が分からないんだとさ。」
「へえ、そうなんだ。」
「でね、僕・・・・・勝手なこと言っちゃったんだよね。」
「勝手なこと?」
マスターは申し訳なさそうな顔をしながら、「実は・・・」と切り出した。
「ウチの常連に、ものすごく当たる占い師がいるって言っちゃったんだよ。その人は日曜に来ることが多いから、もしよかったら占ってもらったらって。」
「ああ、そういうこと・・・・。」
「店に誰もいないと、よく僕に話しかけてくるんだよ。どうして自分は上手くいかないんだろうって。でもそれがいったん始めると、もう長いのなんのって・・・・。」
マスターは辟易としたように言って、クシャっと顔を渋らせた。
「ならマスターはこう言いたいわけだ?あの子に捕まると、延々と愚痴を聞かされて仕事にならないと。」
「まあそんなところ。大きな声じゃ言えないけどさ。」
「それをどうにかする為に、俺を引き合いに出したと?」
「だって観月君占い師なんでしょ?だったらあの子を見てあげてよ。もし満足すれば、延々と愚痴ることもなくなるだろうから。」
そう言ってマスターは「この通り!」と手を合わせた。
「もし上手くいったら、コーヒー奢ってあげるからさ。」
「それ、全然占い料に足りないんですけど・・・・、」
「そう言わずに。顔馴染みのマスターの頼みだと思って・・・・この通り。」
マスターは何度も拝むように手を合わせる。俺はタバコを消しながら「いいよやっても」と立ち上がった。
「でも最近ちょっと失敗続きでさ、上手くいくか分からないよ?」
「いいのいいの。あの子に観月君を紹介するって言っちゃった手前、何もしないわけにはいかないから。」
「いい加減な・・・・・。」
残ったコーヒーを飲み干し、水で口直しをする。心の中で《よっしゃ!》と気合を入れ、読書女の元に向かった。
「どうも、占い師の観月真一と言います。」
笑顔で自己紹介しながら、向かいの椅子に座る。
女は少し緊張していたが、「草木恵梨香です」と頭を下げた。
「仕事や恋愛で悩んでるんだってね。マスターから聞いたよ。」
「ええ・・・・少し・・・・、」
女は目を寄せながら、まじまじとこちらを見る。俺の発する一言一句の奥に、いったいどういう意図があるのか?それを見抜こうとしているのがバレバレだった。
《そんなに相手を探ってちゃ、仕事も恋愛も上手くいかないのは当たり前だっての。もうちょい肩の力を抜いたらいいのに。》
こういう手合いには、まず相手を有利に立たせる必要がある。正確には、主導権はあなたにありますよと錯覚させるのだ。まあ実際は俺が手綱を握ってるんだけど。
でもそう錯覚させる為には、相手の警戒心を解かないといけない。
だから俺は、あの変人どものことを語ってやった。
多少誇張しながら、身振り手振りを交えて。
女は驚き、笑い、そして感心している。
《うんうん、変人のエピソードに共感を抱いているみたいだな。通じるもんがあるってことは、こいつもやっぱり変人なんだろう。だったらこれはリベンジだ。この先、俺が占い師としてやっていけるかどうか・・・・この女で試してやる。》
自信はないけど、俄然やる気は出てくる。
銀鷹君、マッチョマン、オカルト占い師、そして電波女。変人は変人で真面目に生きていて、それだけはちゃんと伝わってきた。
それに高司や杉原のように、普通の奴らも真剣に生きている。
だったら俺も、真剣に生きねばなるまい。まだどっちの人種か自分でも分からないけど、どっちにしたって真剣に生きていくしかないのだ。
女はだいぶ気持ちがほぐれたようで、ポツポツと自分のことを語り出した。
マスターの持って来たコーヒーに目を落としながら、綺麗な顔には似合わない辛辣が言葉が飛び出してくる。
決して暴言ではないが、相手の心を抉るような鋭い言葉だ。
《この女、まるでナイフだな。そりゃ敬遠されるっての。》
角砂糖を二つほどつまみ、カップの中にポチャリと落とす。
「ブラックもいいけど、たまには甘いやつも飲んでみたら?気持ちが和らぐよ。」
女のコーヒーにも砂糖を入れ、ゆっくりとかき混ぜてやった。


            -完-

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM