ギリシャ神話のケルベロスVS北欧神話のガルム

  • 2016.01.05 Tuesday
  • 13:41
JUGEMテーマ:神話・伝承全般
ケルベロス。
それはギリシャ神話に登場する、地獄の番犬です。
この恐ろしい獣は、頭が三つあり、尻尾は龍になっているそうです。
しかも背中には毒蛇が生えていて、勝手に地獄から出ようとする者に襲いかかります。
また勝手に侵入しようとしても襲われるそうで、許可なき出入りは絶対に許しません。
ケルベロスの父はテュフォンという巨人で、母はエキドナというモンスターです。
女神転生ではお馴染みの魔獣で、このゲームではライオンのような姿をしています。
真女神転生機↓兇任蓮強力な悪魔であるにも関わらず、かなり早い段階で仲魔に出来ます。
高レベルの悪魔なので、序盤ではほとんど敵無しです。
この恐ろしい番犬は甘い物が好きなので、蜂蜜のケーキを持って行けば、襲われずにすむという伝説があるそうです。
ケルベロスはギリシャ神話に登場するモンスターで、このモンスターほど名前の通った魔獣もいないでしょう。
しかし北欧神話にも、似たような魔獣がいます。
その名はガルム。
死者の国であるニブルヘイムの見張り役で、脱走しようとする者に襲いかかります。
身体は黒く、胸だけが赤くなっているそうです。
なぜ胸が赤いかというと、貪り食った死者の返り血を浴びているからです。
それほどまでに獰猛なこの魔獣は、決して切れることのない鎖に繋がれています。
飼い主は冥界の女王ヘルです。
北欧神話には、神々の最終決戦ラグナロクがあります。
この最終戦争の時だけ、ガルムの鎖が解かれます。
それはつまり、ガルムが神々の争いでも活躍できるほど強いという証拠です。
ケルベロスとガルム。
どちらも地獄の見張り番で、親も強力な怪物です。
血統、気性、戦闘力、どれをとっても、神々に引けを取らないほど強いってことです。
もしこの二頭が戦ったら、いったいどちらが勝つんでしょうね。
実はガルムは一匹ではなく、複数の猟犬なのです。
それに対してケルベロスは一頭だけの魔物です。
ですが頭が三つもあり、背中から毒蛇を生やし、尻尾は龍になっています。
だからたった一頭であっても、ガルムの群れに負けないかもしれません。
私はおそらくケルベロスの方が強いと思っています。
ガルムは気性の荒さこそケルベロスを上回りそうですが、それ以外の部分では、ケルベロスに勝てる要素が見当たらないからです。
ガルムは群れですが、先ほども書いたように、ケルベロスには三つの頭や龍の尻尾があります。
だから数で攻めても、決してガルムが優勢とは限りません。
ケルベロスは黒くて大きな牙を持ち、その体もかなり巨大だと思います。
父は巨人だし、たった一頭で地獄の見張り番をするくらいだから、大きな体をしているはずです。
だからケルベロスの牙や爪は、たった一撃でもガルムを引き裂くでしょう。
しかしガルムも大人しくやられるとは思えません。
まるで狼の群れのように、チームワークで攻撃を仕掛けるでしょう。それもとても俊敏な攻撃だと思います。
それにとにかく気性が荒いので、自分より大きな敵でも怯まないでしょう。
ケルベロスとガルムの戦いは、言うなればライオンと狼の群れの対決のようなものです。
ライオンの方が優勢だとは思いますが、どちらが勝つかは分かりません。
共に地獄を見張る恐ろしい獣で、その強さも折り紙つきです。
だけど登場する神話が違うので、決して争うことはありません。
もしこの両者が出会ったなら、血の雨が降ることは確かでしょうね。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM