いつだって泣いている妖精バンシー

  • 2016.02.06 Saturday
  • 10:31
JUGEMテーマ:神話・伝承全般
普通は妖精と聞くと、可愛い姿を思い浮かべるはずです。
手の平くらいに小さくて、とても愛らしい感じの、憎めない奴ってイメージですよね。
でも妖精にも様々な奴がいて、その中にいつも泣いている妖精がいます。
その妖精の名はバンシー。
この妖精は寿命をまっとうせずに死んでしまった美女の精と言われています。
いつだって泣いていて、そのせいで目は真っ赤です。
髪はとても長く、青白い顔をしているそうです。
そして灰色のマントをまとっていて、誰かが死ぬと傍に来て泣きます。
特に伝統のある家柄や、音楽をやっている人が死ぬと現れるといいます。
みんなから愛されるような人の場合だと、何人ものバンシーが現れて泣くそうです。
バンシーは死者の傍で泣くだけで、特に悪さをするわけではありません。
死の妖精と呼ばれていますが、不吉な存在ではないんです。
ただ誰かが死ぬと、傍に来て泣く。
それはきっと、死というものを心から悲しんでいるせいなんだろうと思います。
自分は寿命をまっとうせずに死んでしまったから、それが悲しくて悲しくて仕方ないんでしょう。
あの世にも行かず、かといって悪霊となって悪さをするわけでもなく、ただただ嘆いているんです。
でも誰かが死ぬ時にも泣くから、どちらかというと良い妖精なんでしょうね。
自分のことだけを考えているなら、誰かが死んで泣くはずがありません。
人の死に悲しみを覚える。だから泣く。
バンシーはいつだって泣いていて、死者がいればその傍に立ちます。
そして他人の為に泣き、それが終わるとまたどこかへ消えてずっと泣いているわけです。
バンシーは泣くこと以外に何もせず、いつだって嘆きのどん底に立っている。
そう思うと、すごく悲しい妖精です。
可愛らしくて楽しい妖精のイメージとは大違いで、幸せを感じることなく涙に明け暮れているわけですから。
バンシーだって本当は笑いたいだろうに、それが出来ないからバンシーなんでしょう。
いつか悲しみから解放され、笑顔を取り戻したのなら、それはもうバンシーから抜け出したってことです。
誰かの為に泣く優しい心の持ち主、バンシー。
バンシーがバンシーでなくなる時、明るい妖精が一人誕生したってことなのでしょうね。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM