龍神の天敵「大百足」

  • 2016.09.18 Sunday
  • 10:02

JUGEMテーマ:神話・伝承全般

龍や蛇はよく神話に登場します。
龍神や蛇神という、とても強い神獣として描かれます。
特に龍神は色んなゲームや漫画にも顔を出すので、とても強い印象があります。
ですがそんなに強い龍神や蛇神にも天敵がいるのです。
それは「大百足」です。
オオムカデは実在する生き物だけど、神話や伝承にも登場することがあります。
日本の伝承には大百足がよく出くるそうで、名のある武士に討伐されたりしています。
西洋のドラゴン退治に近い話ですね。
日本ではドラゴンは良いものとされているので、討伐の対象になることはありません。
その代わりとして、鬼退治や百足退治があるのです。
大百足はとても強く、一対一の戦いでは龍神でも勝てないそうです。
まず大百足はとにかく硬くて、並の攻撃は一切通じません。
そして強力な毒を持ち、動きも素早く、空を飛ぶという説もあるそうです。
しかし何より強力なのが、魔力が通じないということです。
龍神や蛇神がどんなに大きな魔力を持っていたとしても、大百足には通用しないのです。
これではいかに龍神といえども、勝負になりません。
そこで龍神は人間の武士に大百足の討伐を頼むことになります。
名のある有名な武士は、依頼を受けて大百足を討ち取りに行きました。
しかしあまりに硬い身体の為に、まったく武器が通りません。
苦戦した武士は、ものは試しにと矢じりに唾を付けて撃ちました。
すると大百足の硬い身体を貫通!
弱点を見抜いた武士は、見事に大百足を討ち取ることが出来ました。
また大百足は目が弱点とも言われています。
武器に人間の唾を付けるか、または目を狙うか。
これ以外に大百足を倒す術はなさそうです。
百足は龍神さえ圧倒する恐ろしい魔物ですが、それと同時に神の使いともされています。
百足を祭神として祀っている神社もあるそうなので、魔物なのか神なのかハッキリしない部分があるんです。
また百足は後ろに歩くことが出来ません。
決して後退しない生き物なんです。
だから戦国時代の武将の中には、百足をあしらった武具を持つ人もいたそうです。
決して後ろに退かない百足を、勇ましく思っていたんでしょうね。
あの異形な姿、生命力、そして神出鬼没なほどの速さ。
それは恐怖であり、不気味であり、それでいて強さを感じさせるものです。
それゆえに、魔物にもなれば神の使いにもなるんでしょう。
まったく興味深い生き物です。
だけど部屋の中に現れるのだけは勘弁してほしい・・・・。
もし家の中で出くわしたら、唾ではなく、殺虫剤で戦います。
それでも中々倒せないのが百足の怖いところ。
奴らは普通の虫とは違う何かを持っていますよ、きっと。

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM