腹を撫でさせる猫と撫でさせない猫

  • 2016.11.19 Saturday
  • 10:20

JUGEMテーマ:にゃんこ

猫は大きく分けて二種類います。
腹を撫でさせる奴と、撫でさせない奴です。
撫でさせる奴はとにかく気持ち良さそうにします。
膝の上に乗せてお腹を向けると、「これ生きてるのか?」と思うくらい脱力します。
そしていくら撫でても動きません。
首の下、お腹、脇など、あらゆる場所を撫でろと言わんばかりにリラックスしています。
逆に撫でさせない奴は意地でも撫でさせません。
そもそも抱っこされるのが嫌いなんです。
これって子猫の時からそうで、大人になっても変わらないんです。
飼い主を信頼しているかどうかではなくて、猫によって違うんです。
そして大人しい猫よりも、ヤンチャだったりオテンバな猫の方が撫でさせます。
たぶん気が強いから、小さなことでビクビクしないんでしょう。
撫でたいなら撫でさせてやる。
それくらいの意気込みです。
大人しい猫は嫌がることが多いです。
繊細で気が弱いので、お腹を見せることに抵抗があるようです。
どんなに飼い主が好きでも、そこはダメよってな感じで。
親しき中にも礼儀ありと言いたいんでしょう。
猫とたくさん接していると分かるけど、人間と同じように個性があります。
それぞれ違っていて、それが集約されるのがお腹を撫でさせるか撫でさせないかです。
撫でさせる猫は大胆です。
撫でさせない猫は慎重です。
私は猫のお腹を撫でるのが好きなので、その結果撫でさせる猫の方をつい可愛がってしまいます。
撫でさせない猫は「贔屓だ!」と言わんばかりの目で睨んできますが、撫でてほしいならいつでも撫でてあげるのに。
でもこればっかりは猫の趣向なので、人間がとやかく言えません。
十人十色ならぬ十匹十色。
でも撫でさせるかどうかは二択であり、あのモフモフした感触を知ってしまうと、どんな猫でも撫でてしまいたくなります。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM