村田選手世界再挑戦!

  • 2017.10.22 Sunday
  • 11:18

JUGEMテーマ:格闘技全般

いよいよ村田選手が再戦します。
今度こそ・・・今度こそは是非ベルトを!
ミドル級ってなかなか日本人では手が届かない階級なんです。
日本人でチャンピオンになったのは竹原さん唯一人。
それに続く二人目になってほしいです。
もし成し遂げればすごい事ですよ。
ボクシングの最重量級はヘビー級ですが(アマはスーパーヘビーまであります)、ここに手が届くのはまだ先かなと思います。
ていうか今はヘビー級ってあんまり人気がないんですよ。
それよりもミドル級周辺の中量級が人気です。
ちなみに日本ではミドル級が最重量になります。
それ以上の階級を設けても、選手がほとんどいないからです。
以前にライトヘビーの日本人選手を特集していましたが、国内ではスパーリング相手を探すのにも苦労していました。
こればっかりは仕方ないですね。
日本人って欧米人のように大きな人は少ないですから。
だから現実的に考えると、日本人にとっての最高峰ってミドル級になります。
世界的に見て最も選手層が厚く、強豪ぞろいです。
この階級になると、ただ単にボクシングの才能があるってだけでは、ベルトに手が届きません。
絶対的にフィジカルが強くないとダメなんです。
でないと相手のパンチに耐えられないし、ダメージを与えることすら無理です。
歴史に名を残す名チャンピオン、アレクシス・アルゲリョですら、階級を上げた途端に通用しなくなりました。
あの長谷川穂積選手も同じです。
階級を上げてからはなかなか勝てなくなりました。
それくらいに上の階級で勝つって難しいことなんです。
こっちはバンバン殴ってるのに効かないし、逆に相手のパンチを一発もらっただけでKOなんてこともあります。
ライトヘビー級の伝説のチャンピオン、アーチ・ムーアもヘビー級では通用しませんでした。
ただのジャブ一発でKOされてしまったんですよ。
試合後のムーアの一言はこうです。
「ヘビー級のジャブはライトヘビーのストレート並みに威力があるんだ」
もうほんとね、階級を上げただけで名チャンピオンが通用しなくなるんですから、重い階級の選手って化け物ですよ。
総合の場合でも、絶対王者と呼ばれたヴァンダレイ・シウバでさえ、ヘビー級では通用しませんでした。
それくらいに階級差ってのは分厚い壁なんです。
日本人にとって、ミドル級チャンピオンへの壁は、とてつもなく分厚いものです。
だからこそ竹原さんしかチャンピオンになれなかったわけです。
竹原さんのパンチも日本人離れしていました。
バラエティ番組の企画とはいえ、現役で格闘技をしていたボビーオロゴンをジャブ一発でダウンさせてしまったほどですから。
うん、やっぱりとんでもないですね、ミドル級の世界チャンピオンってのは。
今現在、この階級に手が届くのは村田選手だけです。
あのフィジカルの強さ、まさに後退のネジを外しています。
特に右ストレートは圧巻です。
フィジカルの強い黒人の選手がよろめくほどですから。
それでいてコンパクトで素早いパンチだから、かわすのは至難の業。
ガード越しでも充分ダメージが通るだろうから、今回は必ず勝ってくれると信じています。
ちなみに左ボディもえげつないです。
スっと打って相手を悶絶させるほどです。
アマ出身のせいか、どのパンチもとても綺麗で、モーションが少ないです。
無駄な大振りってまず見ないし、油断してガードを下げることもありません。
まさにプロボクシングとアマチュアボクシングの理想的な融合だと思います。
村田選手!
どうかミドル級のベルトを獲って下さい!
日本のボクシングの歴史を塗り替えて下さい!
ミドル級の世界チャンピオンに日本人の名を連ねて下さい!
一ボクシングファンとして期待しています!

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM