芸術とエンターテイメント

  • 2017.11.12 Sunday
  • 11:39

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:エンターテイメント

芸術とエンターテイメント。
似たようで非なるものです。
あらゆる創作物の中、名作と呼ばれるものほど、意外と売上は少なかったりします。
時代を超えて残る力はあるし、そのおかげでたくさんの人に影響を与え、新しいクリエイターが誕生することもあるでしょう。
けど売れるかどうかって聞かれると、また違うような気がします。
作る側は「こんなに名作なのになんで売れないんだ!」って嘆いているかもしれません。
完成度も高くて、クオリティも高くて、もはや芸術の域に達したような作品ほど、クオリティの劣る作品に負けてしまったり。
頭の固い評論家ならば、「受け取る側のレベルが低いから」なんて、都合の良い責任転嫁を叫ぶでしょう。
だけどそうじゃありません。
芸術性の高いものが売れにくいのは、決して受け取る側のレベルのせいではないはずです。
もしそうだとしたら、どうして優れた芸術品が、時代を超えて生き残ることが出来るのか?
受け取る側はちゃんと理解しています、それが素晴らしい作品だってことを。
だけどそういった物が売れにくいのは、まさに芸術的だから。
芸術って美の追求です。
人は美しいものには敬意を払います。
そして美への敬意というのは、お金には換算できない価値があります。
だから売り上げに結び付きにくいんです。
例えば美しい自然の景色を見た時、それを守りたいとは思っても、自分の物にしたいとは思わないでしょう。
敬意を抱くものに対しては、お金を払って自分の物にするなんておこがましいと思うからです。
そういうものは守るべきものであって、お金でどうこうするものではありません。
芸術もこれと同じで、人は敬意をもって接するから、作品との間に一線を置きます。
名作と呼ばれる作品ほど、繰り返し見ると価値が下がります。
手元に持っていたとしても、しょっちゅう見るなんてことはないでしょう。
芸術は決して消耗品ではないからです。
芸術的な作品で大金を稼ぎたいなら、金の使い道に困っているほどの大金持ちを相手に、道楽心をくするぐしかないでしょう。
ああいった人たちは、普通では手に入らないものを欲しがりますから。
虎の皮とか象牙とか。
絶滅危惧種だって叫んでも、金を持て余す人間にとってはいい娯楽品でしかありません。
芸術もそこに食い込めば、一攫千金が望めるんじゃないでしょうか。
かつての画家や音楽家たちがパトロンを持っていたように。
それに対してエンターテイメントというのは、「面白い」かどうかの一点に尽きると思います。
ぶっちゃけクオリティや完成度って二の次です。
面白いと思わせることが出来るなら、穴があっても売れるのがエンターテイメントです。
絵が下手でも内容が良ければ漫画は売れます。
バグが多くても人気のあるゲームはあります。
面白いと思わせることが出来るなら、そういった欠点さえも楽しみの一つになりえるのが、芸術との違いだと思います。
ある芸人さんが、とあるゲームメーカーが不遇な評価を得ていることに不満を抱いていました。
完成度なら絶対にこっちのゲーム機の方が上だと。
だけどゲームってエンターテイメントです。
無駄なく隙なく完成度を高めてしまうと、その時点でもう芸術になってしまいます。
これってゲームの本懐からは外れています。
アニメでいえば、「かぐや姫の物語」は芸術レベルです。
だけどやっぱり売上が芳しくないのは、それが理由だと思います。
海外で賞も獲ったみたいですが、アニメとしての評価ではなく、アートとして評価された賞です。
あのアニメは文学であり、絵画であり、立派な芸術過ぎました。
後進に大きな影響を与え、新しいクリエイターを育てる力はあるかもしれませんが、あのアニメそのものは、アニメとしては評価しづらいと思います。
かといってエンタメだけになってしまったら、商業主義一辺倒に傾いて、クリエイターが育たなくなったり、ないがしろにされる危険もあります。
その時は儲かっても、長い目で見ればマイナスなように思います。
芸術とエンターテイメント。
あちらを立てればこちらが立たず。
とてもバランスが難しいですね。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM