仏様の猫

  • 2017.11.28 Tuesday
  • 14:54

JUGEMテーマ:にゃんこ

猫にも個性があります。
人格ならぬ猫格です。
お馬鹿な子もいれば賢い子もいるし、喧嘩っ早い子もいれば温厚な子もいます。
我が家には仏様のような猫がいました。
真っ白な猫なんですが、どこか間の抜けた顔をしていました。
性格は穏やかで、まず他の猫と喧嘩をしません。
ていうか怒っている所を一度も見たことがありません。
他の猫が喧嘩していても大して気にせず、自分が喧嘩を売られても「え?」みたいな表情でキョトンとしているだけです。
玄関の内に犬を繋いでいるんですが、この犬は猫が嫌いで、近づいてきただけでも吠えまくります。
「おどりゃこのボケ!」って感じで威嚇するんです。
でもこの猫だけには尻尾を振っていました。
猫嫌いの犬からも好かれていたんです。
そして無抵抗なもんだから、犬にやられ放題です。
ベロッベロに舐め回されたり、思いっきりマウンティングされたり、プロレスごっこに巻き込まれたり。
だけどちっとも怒らない。
そこまでされても平気な顔で寝ていたりします。
ここまでくると、おおらかというより悟りを開いているような感じです。
諸行無常、全ては成るように成る。
その結果、頭を抱えてマウンティングされたりしてました。
それにまったく人見知りをしないから、人間の赤ちゃんからも好かれていました。
まだ甥っ子が赤ちゃんの頃、猫を怖がっていたんですが、この猫だけは撫でていました。
姪っ子にも大人気です。
猫からも犬からも人からも好かれる、ほんとにいい猫でした。
別に八方美人ってわけじゃありません。
この猫じたいは普通なほど普通に過ごしているだけです。
ナチュラルを体現したような奴です。
でもだからこそ、みんなから好かれたんです。
きっとほんとに悟りを開いていたんでしょう。
だから仏様です。
昨日、その猫が旅立ちました。
本物の仏様になってしまったんです。
戒名はいりません。
悟りを開いていたあの猫ならば、猫如来とか猫大明神とか、位のすごい奴になって、向こうに旅立ったはずです。
さようなら、仏様の猫。
迷わず天国へ。

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM