分かりにくいっていうのは大事なこと

  • 2018.01.06 Saturday
  • 11:23

JUGEMテーマ:音楽

歌の歌詞って分かりやすいものとそうでないものがあります。
もちろん分かりやすいのに越したことはないんですが、分かりにくいからこその面白さもあります。
何度もこのブログでB'zが好きと書いていますが、稲葉さんの歌詞って決して分かりやすいものだけじゃありません。
新しいアルバムを買った時なんか、一回聴いただけじゃ分からないことも多々あります。
そうなると気になるんですよ、どういう意味なんだろうって。
歌詞カードを読んだり、繰り返し曲を聴いたリ。
そうすることで、初めて分かることもあります。
新しい発見があったりとか。
そうなると同じ曲でもまったく違って聴こえたりするんです。
長年B'zのファンをやっているクセに、何年か経ってから気づくこともありました。
ずっと聴いてるアルバムなんですよ、ミニアルバムのフレンズってやつです。
これって全ての曲が繋がって、ストーリー仕立てになっていると気づいたのは、アルバムを買ってから数年後のことでした。
それに気づくとすごく面白いんです。
本当にまったく違って聴こえますから。
新しい曲を聴いているような感じになることもあります。
ちょっと臭い言い方だけど、歌や曲って生き物ですよ。
ただの音じゃないんです。
聴くタイミングや回数によって印象が変わるというのは、生きている証なんです。
あまりに分かりやすすぎるものって、発見がありません。
「どうしてこういう歌詞なんだろう?」とか「なんでここで音が静かになるんだろう?」って、疑問に思う作品の方が、長く聴き続けるような気がします。
そういう曲って飽きが来ないんです。
聴けば聴くほど曲の姿が変わっていくから。
音楽っていうのは生き物で、聴く人間がいる限りは無限の寿命があります。
死んだりしない生き物なんです。
でも不変じゃないんです。
絶えず変化しながら生き続けている気がします。
誰からも忘れ去られてしまった時、その曲は死んでしまうんだと思います。
息の長い作品というのは、リスナーについて来させるくらいの力を持っています。
一から十までこっちに与えてくれるんじゃなくて、自分の頭を使って考えたり、繰り返し聴いて感性を磨いてみなって感じで。
そういえば以前、明石家さんまさんがラジオでこんなことを仰っていました。
「ラジオのリスナーっていうのはついてこさせることも大事。」
息の長いラジオ番組って、確かにそうかもしれません。
聴く側に媚びていないというか、「分からないなら置いていくよ」っていう、ちょっとした厳しさがあるんですよ。
でもそれが魅力なんです。
きっと音楽も同じでしょうね。
分かる奴だけ分かればいいっていうのは傲慢だけど、なんでも分かりやすくするのもある種の傲慢かもしれません。
「ここまで砕いてやらないと飲み込めないだろ?」といった、優しさとは紙一重の上から目線のように感じる時もあります。
漫画でいうなら、コミックス一巻の中に一話くらい「なんじゃこりゃ?」って話が入っていた方が面白いと感じるのと同じです。
分かりにくい部分があるっていうのは、とても大事なことだと思います。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM