VSゾイド もし時代を超えて名機たちが激突したら

  • 2018.02.05 Monday
  • 12:37

JUGEMテーマ:漫画/アニメ

機械生命体ゾイド。
数多の機体が惑星Ziにて暴れています。
コンテンツによって強さや性能も変わりますが、もしこいつとこいつが戦ったらというのは考えてしまいます。
出来るなら時代を超えた戦いを見てみたいです。
旧ゾイドを代表する機体を書きます。
まずヘリック共和国から。
ゴジュラス。
コマンドウルフ。
ゴルドス。
ウルトラザウルス。
サラマンダー。
マッドサンダー。
オルディオス。
キングゴジュラス。
ゴジュラスギガ。
○○ライガー系。
続いて帝国(ゼネバス+ガイロス)
デスザウラー。
モルガ。
アイアンコング。
レッドホーン。
レドラー。
ウォディック。
ギルベイダー。
ガンギャラド。
ガンスナイパー。
セイスモサウルス。
○○ザウラー系。
ざっと書くとこんな所です。
他にもたくさんいますよ。
ゴドスとかゲルダーとかグスタフとかステルスバイパーとかディメトロドンとか。
こういった中でこいつとこいつが戦ったらどうなるか?を考えてみたいと思います。
ちなみにバイドゾイドは除きます。(個人的にあれをゾイドとは思っていないので。ゾイドはもっとメカっぽくあってほしいからです。)
戦いのコンセプトは時代を超えた決闘です。
まず第一試合。
マッドサンダーVSセイスモサウルス。
巨体とパワーが売りのトリケラトプス型ゾイド、マッドサンダー。
デスザウラーを圧倒した旧タイプと弱体化した新タイプがいます。
最大の武器はドリルのように回転する二本の角、マグネーザーです。
重装甲のデスザウラーを難なく貫き、直撃すればギルベイダーすら貫通できるという代物です。
それにバリアも持っていて、至近距離からのデスザウラーの荷電粒子砲にも耐えることが出来ます。
対してセイスモサウルスは首と尻尾の長い雷竜型の大型ゾイド。
最大の武器は長遠距離からの狙撃が可能な集光荷電粒子砲。
高い防御力を誇るゴジュラスギガも一撃で仕留める威力です。
また全身に砲門を装備していて、小型ゾイドは近づくことすらできません。
それに格闘性能も高く、これまた小型、中型ゾイドでは相手になりません。
じゃあもしこの二体が時代を超えて戦ったらどうなるか?
おそらく弱体化した新しいマッドサンダーでは負けるでしょう。
理由は単純、近づく前に集光荷電粒子砲で撃ち抜かれるからです。
デスザウラーの荷電粒子砲でさえまともに防げなかった新タイプでは、とてもではないけとセイスモの砲撃は防げません。
接近すれば勝機はあるかもしれませんが、なにせ動きが鈍いので難しいでしょう。
では弱体化していない旧タイプのマッドならどうか?
これは10回戦って7回くらいはマッドが勝つんじゃないかと予想します。
まずセイスモの攻撃がマッドのバリアを抜けるかどうかですが、撃ち抜くことじたいは可能だと思います。
ただし短時間でというのは難しいでしょう。
デスザウラーの荷電粒子砲にまったくビクともしなかったあの強固なバリアは、そう簡単に貫通できるとは思えません。
セイスモの砲撃はデスザウラー以上の威力ですが、それでも難しいと予想します。
またマッドはバリア無しでも高い防御力を誇ります。
バリアを撃ち抜いて弱まった砲撃では、致命傷を与えるのは困難なはず。
あとマッドは地中に潜ることが出来ます。
マグネーザーは掘削機としても活躍するので、地中に潜りつつ接近してしまえば、あとはどうにでもなります。
いくらセイスモの格闘能力が高いとはいえ、接近戦に特化したマッド相手では分が悪いでしょう。
それに的が大きく、なおかつ動きもそこま速くないセイスモは、マグネーザーのかっこうの獲物になってしまいます。
ただそれでもセイスモの砲撃は侮れないので、10回くらい戦えばマッドが遅れをとることもあるでしょう。
勝率は7対3くらいでマッドに軍配が上がると思います。
続いてゴジュラスギガVSジェノブレイカー。
共和国を象徴するゴジュラスの名を冠したティラノサウルス型の大型ゾイド、ゴジュラスギガ。
デススティンガーの群れをあっさりと粉砕する格闘能力、デスザウラーの至近距離からの荷電粒子砲に三発まで耐えるバリア。
あと動きも俊敏です。
戦う時は直立し、走る時は本物のティラノのように水平姿勢になります。
格闘ではデスザウラーですら凌駕し、さらに自分の命と引き換えに撃つ超威力のゾイド核砲を備えています。
接近戦では誰も敵わない為、頭を抱えた帝国にセイスモを生みださせたほどの猛者です。
対してジェノブレイカーはオーガノイドを搭載した帝国の傑作機。
ジェノザウラウーを遥かに上回る性能を持ち、こいつが登場した時代では敵う機体はいないほどです。
それゆえに最強の一角を担うゾイドとされています。
ただしコントロールが難しく、また量産には向かないという欠点もあります。
ただしその戦闘能力はすさまじく、格闘、砲撃、殲滅戦など、ありとあらゆる状況に対応できるマルチな機体でもあります。
こいつ一体で共和国軍の10師団を壊滅できるほどなので、同時代に敵うゾイドはいません。(デススティンガーという怪物を除いて)
空手バカならぬ格闘バカのゴジュラスギガ。
超高性能であらゆる状況で力を発揮するジェノブレイカー。
もし戦ったらどうなるか?
私の予想ではギガの圧勝と思います。
理由は簡単で、ジェノブレ最大の武器である荷電粒子砲がギガには通用しないからです。
デスザウラーの至近距離からの荷電粒子砲に三発耐えるバリアを持っていますから、ジェノブレの火力では貫くことは不可能でしょう。
かといって他の武器ではまったく歯が立たず、格闘を挑むなんて論外です。
あのセイスモですら接近されたらお終いなので、格闘でギガに勝てるのは旧マッドかギルベイダーかキングゴジュラスくらいになってしまいます。
新しいゾイドがどんどん登場していますが、未だに旧ゾイドの怪物たちを超える機体は現れていません。
特にキンゴジュとギルベイダーに関しては、今後も超える者は現れないんじゃないかと思います。
そもそもギガってキンゴジュの技術の一部を流用しているそうなので、格闘のみに特化した劣化版のキンゴジュと考えてもいいでしょう。
オーガノイドを搭載するジェノブレは確かに強いです。
しかしギガ相手には相性が悪いように思います。
次はバーサークフューラーVSジェノブレイカー。
帝国機同士の戦いです。
スペック上は後に開発されたフューラーが勝るようですが、ジェノブレにはオーガノイドが搭載されています。
機体性能を完全に引き出し、なおかつエネルギーが尽きるまで暴れ続けるオーガノイドシステムは脅威です。
互いの最大の武器は荷電粒子砲。
この威力は互角かと思います。
ただしフューラーには二本のバスタークローがあり、こいつでバリアを張ったりマグネーザーのようにして攻撃することも可能です。
対してジェノブレには両肩のハサミがありますし、格闘性能は非常に高いです。
俊敏性のフューラー、パワーと防御力のジェノブレ。こういった戦いになるでしょう。
フューラーは完全野生態ベースなので戦闘力は高いです。
しかしそれでもオーガノイドを搭載したジェノブレの前では分が悪いでしょう。
序盤はスピードを活かして有利に戦えるかもしれませんが、後半になるにつれてジェノブレのパワーに押されるのではないかと予想します。
よって僅差ではありますが、ジェノブレが勝利すると思います。
ちなみにこの戦いはバトルストーリーを基準にしています。
ゾイドはコンテンツによって大きく機体性能が変わる為、強さ比べをする時は基準を設ける必要があります。
もしアニメ版の設定を入れてもいいのなら、デススティンガーを吸収したデスザウラウーが最強でしょう。
まともに戦えるのは、同じく最強と名高いキングゴジュラスのみです。
そしてキングゴジュラスとアニメ版のデスザウラーが戦ったら、惑星Ziの崩壊は待ったなしです。
どっちが勝ってもゾイドの世界は終わりを迎えてしまうでしょう。
こういった強さを議論をする際に気をつけないといけないのは、絶対に個人の好みが出てしまうということです。
公平に書いたつもりでも、どこかで「このゾイドに勝ってほしい!」って気持ちは出るものです。
なので真に公平な戦いを望むなら、パソコンにデータを打ち込み、高度な人工知能にシュミレーションをさせるしかないでしょうね。
こういうのは妄想とロマンで楽しむもの。
もし本当に戦ったらどうなるかは誰にも分かりません。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM