減っていく水の生き物たち

  • 2018.07.12 Thursday
  • 12:43

JUGEMテーマ:写真

 

 

 

 

 

植物も虫も命を謳歌する季節になりました。

上のサナギはジャコウアゲハです。

 

 

 

 

 

 

 

一番上はタイコウチ。

二番目はゲンゴロウの一種。

三番目は水生昆虫の王者タガメです。

 

 

 

 

 

 

 

上からドジョウ、ミズカマキリ、ナマズです。

私が子供の頃は近所の川にもいたものですが、最近はとんと見ません。

昔に比べて河川は綺麗になっているはずなのに、なぜか生き物が減っている気がします。

今ではザリガニすら珍しくなりました。

ずっと昔の綺麗な時は溢れるほど鮎がいて、そのあと公害で汚れた川で生き物が減り、今はまた綺麗になってなぜか減っている。

もしかしたら一度破壊された生態系というのは、後から綺麗にしても元に戻らないのかもしれません。

河川が汚れていた時代、多くの生き物が子孫を残せず、今になって影響が出ているんじゃないかと思っています。

環境破壊ってその時代の人間じゃなくて、子孫の時代に悪影響が出るのかもしれませんね。

自分たちさえよければいいってものじゃない。

次世代の為にも自然は守っていきたいです。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM