昔の方がエンタメのクオリティは高い

  • 2018.07.14 Saturday
  • 16:01

JUGEMテーマ:音楽

JUGEMテーマ:テレビ全般

あの時代は良かったなんて言いだしたらオジサンですが、最近よくそう思います。
よく芸人が他のことやるなんて・・・・と批判がありますが、それはクオリティ次第だと思います。
例えば曲の場合、受け取る方にしたらそれが芸人だろうがミュージシャンだろうが関係ないからです。
良い曲は良い!そうじゃない曲はヒットしない。
ただそれだけです。
小室哲哉と浜ちゃんの「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント 」
今でも色褪せない名曲です。
ちょっと前にもスマホゲームのCMで使われていました。
1995年リリースですから、もう23年も前です。
たしかヘイヘイヘイ!で小室さんがゲストで出た時に、浜ちゃんが僕にも曲を作って下さいとお願いしたのがキッカケでした。
そして大ヒットを収めます。
あの頃はほんとにめちゃくちゃ流行っていました。
あとウリナリって番組からも二つの音楽グループが誕生しました。
ウッチャン、千秋、ウド鈴木のポケットビスケッツ。
そしてナンチャン、ビビアン・スー、天野のブラックビスケッツ。
どっちの曲も大ヒットしました。
ポケビは「YELLOW YELLOW HAPPY」や「Red Angel 」
ブラピは「STAMINA」や「Timing」
どちらも20くらい前の曲なのに、今聴いても全然古臭くありません。
二つのグループは常に対立してるって構図も面白かったです。
後発のブラピはポケビを邪魔するグループから、ほんとにヒット曲を飛ばすグループに変わってしまいました。
ちなみにこの番組で台湾出身のビビアンが日本で人気者になりました。
本国でもすごく人気が出たそうですよ。
それにとんねるずの野猿も人気がありました。
とんねるずはちょくちょく歌を出していましたが、スタッフをメンバーに加えての野猿は、今までにないほどの人気を得ました。
なんとメインボーカルの女性も裏方のスタッフでした。
野猿は歌だけじゃなくダンスもやっていました。
メンバーのスタッフの方たち、普段の仕事もこなしながらの野猿だったそうです。
今じゃありえないでしょうね、すごい時代です。
結局一つの世界で天下を獲った人たちというのは、他の世界でも活躍出来るのかもしれません。
とんねるずのタカさんはアメリカの映画にも出ていますしね。
ダウンタウンの松ちゃん主演の「伝説の教師」も人気がありました。
一番面白いところは中居くんとのアドリブのやりとり。
ドラマでああいうアドリブを取り入れるってなかなか出来ないでしょう。
松ちゃんが芸人だからこそですね。
この時代のエンターテイメントってとてもクオリティが高いです。
それは音楽一つとっても一緒。
メロディがかっこいいのはもちろんのこと、歌詞もまた良いんですよ!
今の時代、それに続くようなモノは出てきていないように思います。
たんに私がオジサンになったからそう思うだけじゃなくて、普通に昔の作品ってクオリティが高いんですよ。
ドリフなんて私はリアルタイムじゃないけど面白いと思いますから。
世の中どんどん便利になっているけど、エンタメのクオリティは断然昔の方が良かったと思います。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM