コンプレックスから生まれた哀しき怪物 ウルトラマンティガの怪獣エボリュウ

  • 2018.08.16 Thursday
  • 13:18

JUGEMテーマ:特撮

ウルトラマンティガにエボリュウという怪獣が出てきます。
こいつはある科学者が生み出した怪物なんですが、その源になったのはコンプレックスです。
実は科学者には学生時代から仲の良い友人がいて、その彼もまた科学者の道を目指していました。
そしていつも打ち負かされます。
友人は科学者としての腕を買われ、ガッツ(ウルトラ警備隊みたいなもの)の隊員として活躍する毎日。
だけど自分は科学者になる夢は叶えたものの、これといってパっとしない学者のままです。
どうにかしてアイツを超えたい・・・・。
その思いから必死に研究を重ね、そして生まれたエボリュウという怪物。
自分は負け犬なんかじゃない!
あいつを見返してそれを証明する!
人間としては友人でも、科学者としては常に目の上のタンコブだった鬱陶しい存在。
複雑な思いはやがて彼を間違った道へと走らせました。
この科学者にはもう一人仲の良い友人がいて、学生時代はよく三人でつるんでいました。
そのもう一人の友人は女性であり、昔から思いを寄せていました。
しかしひょんなことから、彼女は友人のアイツを好きなんじゃないかと誤解をしてしまいます。
レストランで二人きりで会っているところを目撃してしまったからです。
でもそれは彼女が科学者の彼が暴走気味なのを心配し、友人に相談しているだけでした。
あれは誤解だと説得する彼女。
お前は負け犬なんかじゃない、立派な科学者だと認める友人。
だけど二人の声はもう届きませんでした。
仕事、夢、恋・・・・全てを失い、全てにおいて敗北してしまったように感じた彼は、自分自身が怪獣に変わってしまいます。
エボリュウは生き物を強く進化させる研究でした。
そいつが自分の体内にも宿っていたのです。
全てをぶっ壊してやる!
怪獣となってしまった科学者は、人の心を失い、破壊を尽くそうとしました。
目に付くものは全て叩き潰します。
自分の全てがあって研究所さえも。
友人と彼女も壊れ行くビルに閉じ込められ、このままではいつ死んでしまうか分かりません。
心まで怪物に変わってしまった彼には、いくら叫んでも二人の思いは届かず、やりようのない切なさと悔しさに満たされるばかりでした。
エボリュウはなおも暴れ続けます。
このままでは本当にマズいことになる・・・・。
友人がそう危惧した瞬間、颯爽とウルトラマンティガが現れ、エボリュウを倒しました。
ティガのおかげで二人は助かりましたが、一つ大きな犠牲を払うことになります。
倒されたエボリュウは人間の姿に戻っていました。
波の打ち寄せる浜辺で、動かぬ屍となって。
駆けつける友人と彼女。
眠るように横たわる科学者。
友人は膝をつき、そっと語りかけます。
誰にだって心の闇はある。もう戦う必要はないんだ、ゆっくり休めよ・・・・。
ストーリーはここで終わり、エンドロールが流れます。
学生時代からの大切な友人。
それは同時に常に先をいくライバルであり、自分のコンプレックスを刺激される厄介な存在。
強すぎる劣等感と競争心のせいで、仕事でも夢でも恋でも敗北してしまったと錯覚し、大事な人たちの声さえ届かなくなってしまった彼に安らぎを与えたのは、ティガと戦っての敗北でした。
最後に友人がかけた言葉は強く印象に残っています。
安らぐには戦いを降りるしかなくて、それは永遠の眠りにつくということでした。
ティガには切ない話が多いです。
もう戻ってこない昔の村を待ち続ける妖怪オビコ、ガッツ隊員の努力のおかげでコミュニケーションは成立したのに、価値観が違いすぎて理解し合えなかった怪獣ガゾート。
自分の研究のせいで大事な娘を亡くしてしまい、その娘が可愛がっていたインコが怪獣に変わってしまった話もあります。
そしてなにより切ないのは、そういった悲しいバックボーンのある怪獣たちと向き合わなければならないウルトラマンティガです。
説得できる時は説得するし、倒さなくてもいい時は倒しません。
しかしエボリュウのように言葉で止まらない怪獣が相手では、人類に代わって戦い、トドメを刺します。
ゆえにティガに変身する主人公は、自分の行いが正しいのかどうか迷うことも多いです。
自分のやっていることは本当に正義なのか?
怪獣を悪者と決めつけていいのか?
勧善懲悪という分かりやすい構図じゃなくて、ウルトラマンという存在そのものに疑問を投げかけた画期的なウルトラマンです。
それが成立したのはエボリュウやオビコのような怪獣がいたからこそ。
ティガに出てくる怪獣は深いですよ。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM