最新のカメラのデザインとレトロなデザインの魅力

  • 2018.09.09 Sunday
  • 12:00

JUGEMテーマ:写真

この前大きな電器屋さんに行ってきました。
立派なカメラコーナーがあって、色んな機種をいじりました。
性能に関しては今のカメラはどれも申し分ないです。
このブログでも何度も書いているけど、画素数なんて1000万もあればほぼ事足ります。
パソコンでしか見ないのであれば500万でも大きすぎるほどです。
プリントする時だってL版くらいなら200あれば充分なんですよ。
フルサイズや中判センサーで3000万とか5000万とか必要になるのは、ビルや駅に飾る大きな広告写真を撮る時くらいです。
あとは風景写真がメインで、展示会で大きく引き伸ばす時とか。
今のカメラは1500万とか2000万が当たり前の時代。
連射も利いてAFも速くて高感度撮影も可能でと、至れり尽くせりの高性能です。
となると重要なのはデザインです。
各メーカーでデザインはかなり異なります。
キヤノンは未来の車みたいに角の少ないツルンとしたデザインです。
グリップも握りやすく、ボタンやバーの配置も最適で、操作性抜群です。
デザインは見た目だけの問題じゃなくて、機能も備えています。
キヤノンのデザインはとにかく撮影者が使いやすいってことを第一に考えられた形です。
プロのほとんどがキヤノンなのも頷けます。
ニコンもかなり使いやすいですが、何年か前にレトロなデザインのカメラを発売しました。
その名はニコンDf。
昔のマニュアルカメラを彷彿とさせるデザインです。
最近のツルンとしたデザインとは対照的に、非常に角ばった形をしています。
さらにカメラの上部には露出補正やISO感度、そしてシャッタースピードを調節するダイヤルが付いています。
最近のカメラはこういったほとんどダイヤルは付いていません。
ボタンと回転式のバーで操作できるからです。
その方がスピーディーなんですよ。
けどあえてこういったダイヤルを取り付けることで、昔のカメラの風情を出しています。
フィルム時代のマニュアルカメラにはだいたいこういうダイヤルが付いていたんです。
今のカメラでもたまにダイヤルを付けている機種がありますが、あれはレトロな雰囲気を出す為のものです。
必要に迫られてではありません。
今の時代でもこういったレトロなデザインのカメラは人気で。ニコンDfは高い評価を得ています。
フジのカメラでもレトロなレンジファインダーデザインのXProが人気がありますし。
最近のカメラを色々いじって思ったことは、デザインはとても重要だということです。
とにかく性能さえ高ければいいってもんじゃありません。
キヤノンのように機能性を追求した機能美のデザイン。
ニコンDfのように昔のカメラを彷彿とさせるレトロなデザイン。
行くところまで行ってしまったカメラの性能。
残されているのはいかに撮影者を満足させるデザインを追求するかってことだと思います。
アラーキーが言っていました。
昔なら10年掛かって身につけた技術が、今はあらかじめカメラの中に入っていると。
とにかく便利です。
良いことです。特に過酷な状況で撮影をするカメラマンにとっては。
戦場、砂漠、野生、報道など。
アマチュアカメラマンでも雪山でライチョウを撮影するような人にとっては、煩わしさが少ない便利なカメラは最高の相棒でしょう。
しかし逆に不便さを愛するカメラマンもいます。
あえて昔のマニュアルレンズを装着する。
AFは効かなくなるけど、写りはとてもよく、なにより自分でピントを合わせるという不便なところに撮影のしがいを感じる人もいます。
ニコンDfに付いているダイヤルは、最近のカメラから言えば不便なものです。
でもあえてそれを付けることで、今自分は撮影しているんだという実感が沸くのも事実です。
とにかく失敗なく、そして少しでも精度の高い写真が欲しいなら便利を追求したカメラを。
写真の出来栄えも大事だけど、撮影そのものを楽しみたいという人にはあえて不便なカメラをオススメします。
車でいうならATとMTの違いです。
ATがほとんどの時代でもあえてMTに乗る人がいます。
あれって運転するのが楽しいんですよ。
運転がただの移動ではなくて楽しみに変わるんです。
自分と車が一体化したような喜びが得られるからです。
カメラも一緒です。
カメラを持つ喜び、楽しさ、撮影しているという実感。
全て不便さからきます。
レトロなデザインのカメラはその不便さを提供してくれます。
だからって最新のデザインのカメラを否定しているわけじゃないですよ。
要は使い分けです。
モダンなカメラとレトロなカメラ、二台体制で挑む人もいるでしょう。もちろんお金は掛かるけど。
けど財力が許すならそれも有りです。
最新のデザインにも古いデザインにも等しく魅力があります。
カメラはデザイン一つとっても、一言では語れないほど深い世界ですね。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM