登山には謙虚な気持ちで

  • 2018.10.20 Saturday
  • 11:00

JUGEMテーマ:写真

 

久しぶりに山へ登ってきました。

麓にはお墓があって、手入れをしていた方に「頑張ってね」と声を掛けて頂き、「はい!余裕です」と答えました。

 

 

 

登り始めて15分後、足が動かなくなりました。
パンパンです。三年前に登った時は余裕だったのに、今はぜんぜんダメでした。

運動不足の影響を舐めていました。

 

 

 

 

 

それでもどうにか踏ん張り、頂上までたどり着きました。

やっぱり登山は気持ちのいいものです。

上の写真の岩は亀岩と呼ばれていて、名前の通り亀のような形をしています。

そしてこの山の名前も亀山(きのやま)

かつてお城が建っていた山で、城山(きのやま)とも呼ばれています。

下の写真の木はお城があった跡の場所です。

 

 

 

白跡から見た景色です。

山が連なり、トンビの声が響いていました。

山に登るとけっこう近くまでトンビが来るんです。

ほんの数メートルくらい上を優雅に滑空しています。

人間の手が届かないことを知っているからでしょうね。

そういえば名優の緒形拳さんは、海外の山へロケに行った時、ほんのすぐ上を堂々と野生動物が通っていったそうです。

これについて緒方さんは「人間の手が届かないことを知ってるんだろうな」と仰っていました。

ほんの数メートル上の場所でも、山は登るのが大変です。

山の動物たちは、人間がいかに鈍いか知っているから、こういう場所では平気で傍まで寄ってくるんでしょう。

要するに敵とは見なされていないというか、相手にされていないんだと思います。

人の力が及ぶのは文明の中だけ。

自然に囲まれた山の中ではなんとも非力な存在です。

帰り道、山を舐めていたバチが当たったのか、ズルっと滑ってお尻を打ってしまいました。

すごい痛いんですよあれ・・・・。

山というのは高かろうが低かろうが決して舐めてはいけませんね。

そして人間側がお邪魔させてもらっているという謙虚な気持ちも必要です。

危険はいっぱいだけど、謙虚な気持ちで安全を第一に登れば、これほど気持ちの良い場所もありません。

山に登ることで、自分の思い上がりに気づかされました。

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM