足元の感動

  • 2018.11.14 Wednesday
  • 11:37

JUGEMテーマ:生き物

JUGEMテーマ:日常

昨日の夜。コンビニへ行こうとしたらキツネに出会いました。
最初は野良猫かなと思ったんですが、尻尾はフサフサしているし走り方が犬っぽいし、これはキツネだと思いました。
夜だったし、私に気づいて走り去っていく所だったから、ハッキリとは姿を見ていません。
けどキツネで間違いありませんでした。
最近よくキツネを見かけます。
夜になると山から下りてくるようです。
鳴き声がよく聴こえるんですよ。
犬よりも甲高くて、猫の唸り声よりもよく通ります。
子供を連れた母ギツネが道路を走っていく所を見たこともあります。
以前はよくフェレットを見かけたんですが、ここのところはあまり見ません。
代わりにキツネをよく見かけます。
山に食べ物がないのか、それとも人里の旨味を覚えたのか。
動物は賢いですから、例え山に餌があったとしても、人里で餌が手に入ると知れば下りてくることがあります。
キツネの他にはタヌキもちょこちょこ見かけます。
以前、車に轢かれて死んでいました。
道端に死体があったんですよ。
よく見るとタヌキでした。
夏前だったので短い毛をしていました。
濃い茶色の体毛で、よく知らない人なら野良犬と勘違いしてしまうでしょう。
冬になるとみんながよく知るモフモフの毛皮になるので一目で分かるんですけどね。
あれは中々可愛いですよ。
けどキツネよりも鈍臭いのか、たまに車に轢かれているのを見かけます。
可哀想に・・・・。
田舎はよく野生動物を見かけます。
鹿やイノシシはもちろんのこと、キジの群れに出くわしたこともあります。
キジはハーレムを作るんですよ。
一羽のオスが複数のメスと群れを作ります。
オスは鮮やかな体毛、メスはウズラのような地味な体毛をしています。
他の鳥のように長距離を飛ぶことは出来ませんが、大きな川でも対岸くらいまでなら飛んでいきます。
こういった野生動物に出くわすと嬉しくなります。
人に飼われている動物とは全然動きが違うんですよ。
キツネの走る姿なんてものすごく躍動感があります。
タヌキはテコテコっと可愛らしく走り、鹿は飛び跳ねるように駆けていきます。
イノシシは怖いです。
以前に犬の散歩中に茂みの中からイノシシの鼻息が聴こえてきたんですよ。
慌ててその場を離れました。
でも自分の知らない場所で、人の手を借りずに生きている動物たちがいることに、なぜか喜びを感じます。
この喜びの正体はハッキリとは分かりませんが、おそらくだけど人間は孤独じゃないって安心感があるのかもしれません。
全ての動物が人間の飼育下にいるなら、人間は孤独です。
対等に並ぶ者がいないんですから。
でもそうじゃありません。
人間以外にも自分の力だけで生きている者たちがいる。
虫も花もそうなんですが、やっぱりキツネやタヌキを見た時の方が、そういう思いが強くなります。
あまり人目につく場所には現れませんが、だからこそ出くわした時に嬉しくなるのでしょう。
空を見上げて遠い星のことを考えるのもいいですが、足元を見ればまだまだ感動できることは転がっています。
よく目を凝らさないと分からないことの中にも、大事なことはあると思います。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM