今いるグループが合わないなら三つの選択肢しかない

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 11:45

JUGEMテーマ:日常

どんなグループに所属していても不満はあるもので、それは職場でも友達でも同じでしょう。
けど嫌なことがあっても我慢し続けてグループにいるのは、一人になるよりマシだからです。
人間がもっともストレスを感じるのは孤独だそうで、凄まじい精神的ストレスがあるそうですよ。
それに困った事があっても誰かに手を貸してもらえません。
だから少々の嫌なことがあっても、人が集まる場所にいた方が得ということです。
でもどうしても我慢できない場合は、三つの選択肢しかないでしょう。
一つ、グループを抜けて一人になる。
二つ、別のグループに入れてもらう。
三つ、自分がリーダーになってグループを変える。
この中で一番簡単なのは一つ目です。
ただグループを抜けるだけでいいんですから。
でも上にも書いたように一人は辛いものです。
もっとも無難なのは二つ目でしょう。
自分に合ったグループに入ることが出来れば万々歳です。
でも前より酷いグループに当たることもあれば、新入りってことで一番下っ端に置かれることもあります。
無難ではるけど相応のリスクがありそうです。
三つ目はハイリスクハイリターンって感じでしょう。
自分がリーダーになれば、誰に気遣うこともないし、思うようにグループを変えられます。
けどそれを成し遂げる為には、まずは今いるリーダーを倒さないといけません。
もし負けたらイジメやシカトの対象になったり、酷い報復を受けたりと、かなりのリスクがあります。
それに自分がリーダーになるってことは、グループをまとめる責任もあるわけだから、あまりに勝手なことをしていると自分に跳ね返ってきます。
今度は自分が他の誰かにリーダーの座を追われたり、誰からも嫌われて最後は一人ぼっちになってしまったり。
どの選択肢も良い事だけではありません。
でも本当に頭の良い人なら、上の三つの選択肢以外の道を選ぶでしょうね。
それは今いるリーダーを引きずり下ろし、別の誰かをリーダーに据える方法です。
この場合、新しいリーダーとなるのは自分にとって都合の良い人を推薦します。
そうすればグループを思い通りに操りつつも、リーダーとしての責任を回避することが可能です。
何かあっても石を投げられるのは、自分の操り人形となっているリーダーなんですから。
要するに裏番長みたいな存在になるのが一番強いってことです。
だけどこんなのよほど頭が良くて、よほど状況判断能力が高くて、人心を掌握する技術のある人じゃないと無理です。
誰でも選べる選択肢じゃありません。
多分だけど、本当に凄い人って表に出てこないでしょうね。
過去の歴史でも、よく名前が挙がる人よりも、一切名前の出てこない凄い人がいるはずで、そういった人が本当の意味で歴史を動かしていたんじゃないかと思います。
人付き合いは大変だし、面倒くさいことも多々あります。
でも一人じゃ生きられないのが人間だから、我慢しつつ人付き合いを続けていくしかありません。
完全に一人の道を選ぶのはオススメしません。
かといってリーダーになるのはなかなか大変です。
さらに裏番長になれるような人はほんのひと握りだけ。
どうしても今いるグループに我慢できないなら、どこか他のグループに入れてもらうのが一番良さそうですね。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM