煽り運転による事故は事件として扱うべき

  • 2018.12.03 Monday
  • 13:00

JUGEMテーマ:社会の出来事

東名高速で起きた煽り運転による事件。
事故じゃありません、あれは立派な事件です。
亡くなられた方、残された子供さんたち、追突してしまったトラックの運転手。
みんな煽り運転による被害者です。
今まではこういった事件でも事故と処理され、加害者に下される判決は危険運転致死傷であり、殺人になることはなかったそうです。
殺人って明確な殺意がないと下らない罪だそうで、じゃあそれをどうやって証明するかが大事になってくるのだそうです。
例えば素手で殴って相手を死なせてしまった場合、殺意の証明は難しくなります。
殺す気なんてなかった、当たり所が悪くてたまたまこうなってしまっただけだ。
そう言われたら殺意があったのかどうかは分かりません。
でもナイフで心臓を刺して死なせてしまったなら、殺す気はなかったなんて言い訳は通用しません。
なぜならナイフで心臓を刺せば死んでしまうなんて子供でも分かることだからです。
これをやれば確実に死ぬって結果が分かってるのに実行してしまったら、それは殺意があったってことになります。
殺意の証明には「結果を予見できたかどうか」が重要になるそうです。
ナイフで刺したなら死ぬという結果は容易に想像がつきます。
容易に想像がつくのに、どうして実行に移したのか?
それは殺意があったからってことになります。
東名高速の事件、あれはどう考えても危険な結果になると予見できたはずです。
高速道路ってとんでもないスピードで車が走っている場所ですよ。
自分が車に乗っていると分からないけど、いざ降りたらよく分かるはずです。
パーキングから高速の流れが見える所もありますよね。
遠目に見てもビュンビュン走ってるのに、そんな場所に車を停車させたら危ないことくらい簡単に分かります。
もし90キロだの100キロだので走ってる車に撥ねられたらどうなるか?
これも簡単に予見できます。
コンパクトカーでも一トンくらいはあるし、軽でも500キロとか600キロくらいの車重があります。
中には人が乗っているんだからもっと重くなるでしょう。
それに高速はトラックやバスなどの大型車も多く、スピードも出しています。
そんな場所で停車させたらどうなるか?
大事故に繋がる可能性が大であると予見できるでしょう。
こんな大事故に繋がるとは思わなかったなんて言い訳は通用しません。
危険な結果になるだろうと容易に想像できるんですから。
それでも強制的に停車させ、あんな事件が起きました。
人が死ぬかもしれないという危険性を予見しながらも、無理矢理停車させたのなら、これは立派な事件です。
しかも二人も亡くなられているんだから、二件の殺人罪で判決を下せばいいでしょう。
殺人は最低でも10年は刑務所に入ります。
ということは、二件の殺人なんだから最低でも20年は刑務所に務めてもらわないと困ります。
最低でもですよ。もっと重くてもいいんです。
人が死ぬかもしれないという結果を予見できた上で、あんな危険な行為に及んだんですから。
そして二人も亡くなった。
いったいどこに同情の余地があるんでしょうか。
突然両親を亡くした二人の子供さんの辛さは、一生のトラウマになってもおかしくありません。
そういうものだって加害者に背負わせないといけないでしょう。
それに追突したトラックの運転手さんも可哀想です。立派な被害者ですよ。
高速道路で車を停車させて暴行を働いているなんて、普通は予見できませんから。
全ては加害者の煽り運転から始まった行為です。
しかも煽った理由が、パーキングの出口の道を塞いでいたのを注意されて腹が立ったから。
アホです。アホの極みです。
どこにもまったく一ミリも同情の余地はありません。
被害者には一切の落ち度はなく、加害者には全ての原因があります。
これをもし事故として扱うなら、日本の法律は終わっています。
煽り運転による事故は、事故じゃなくて事件です。
裁判所はこれを事件として扱い、相応の罰を下すべきだと思います。
そうでなければ煽り運転が今後も減ることはないでしょう。
煽り運転に事故はない、全て事件として扱う。
そうすれば危険な運転も減るんじゃないでしょうか。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM