打撃と組技

  • 2018.12.09 Sunday
  • 10:59

JUGEMテーマ:格闘技全般

打撃系と組技系はどちらが強いのか?
異種格闘技の初期では組技系が打撃を圧倒しました。
言わずもがな、グレイシー柔術です。
ボクサーや空手家は組技に成す術がありませんでした。
初弾で決めないと打撃系は一気に不利になるんです。
そして初弾で決めるなんてほぼ不可能に近いです。
組技系の人は打撃が得意じゃないとは言っても、素人じゃありません。
反応は速いし肉体は頑丈だし。
初弾のパンチ一発、キック一発で仕留めるなんてまず無理で、むしろ攻撃した時にこそ隙が出来て掴まれてしまいます。
そして寝技に持ち込まれたらもう終わりです。
そもそもただ掴まれるだけで打撃って威力を発揮できないんですよ。
打撃の力は正しいフォームから生まれます。
でも相手に掴まれるともうそれが無理なんですよね。
例えば柔道家に腕や胸ぐらでも掴まれようものなら、打撃を打つどころじゃありません。
揺さぶられたり引っ張られたりして、立っているのさえやっとの状態です。
異種格闘技の初期では、打撃系はただただ不利な戦いを強いられていました。
しかし現在は変わりました。
打撃系、いわゆるストライカーが活躍する時代です。
始まりはミルコクロコップ。
超が付くほどの精密打撃で、一発でノックアウトしてしまいます。
タックルはうまくかわし、下手に掴みにいこうものならカウンターをもらって終わりです。
これってただ単にストライカーが組技の練習をして慣れたってわけじゃありません。
今まではストライカーはストライカー同士で戦っていたので、組技系であるグラップラー相手にKOできるタイミングを計りかねていただけなんだと思います。
例えばボクサー同士なら簡単にKOを取ってしまうボクサーでも、相手がキックボクサーや空手家となると、なかなかKOを取れなかったりします。
パンチだけで戦ってもそうなるんですよ。
キックボクサーも空手家もボクサーとは戦いのリズムが違うから、KOを狙うタイミングが計りづらいんですよ。
それと同じで、ストライカーはグラップラーのリズムに慣れていませんでした。
現在、異種格闘技をたくさん経験したストライカーなら、グラップラーの動きやリズムをちゃんと把握しています。
以前は当てられなかったパンチやキック。
それが初弾でヒットして秒殺KOとかもありますからね。
打撃系と組技系だと、初見で戦うなら組技系が有利です。
掴むなり転がすなりすれば勝ちも同然なんですから。
でも異種格闘技の経験を積んだストライカーなら立場は逆になると思います。
相手の動きやリズムさえ分かれば、一流のストライカーは正確な打撃を当てられますから。
だからって必ずストライカーが勝つわけじゃありませんけどね。
もし打撃をミスれば一気に追い込まれてしまいます。
格闘技は一言でいえないほど奥が深いです。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM