良い意味で見て後悔した映画

  • 2018.12.10 Monday
  • 12:09

JUGEMテーマ:映画

見て後悔した映画が二つあります。
それは「E.T」と「ネヴァーエンディングストーリー」
つまらないから後悔したんじゃありませんよ。
むしろ逆です。
どっちもすごいよく出来てる映画です。
CG全盛期の今見るとチープなところもあるけど、それは比べること自体が間違いってもの。
中身は本当に素晴らしいんです。
そんな素晴らしくよく出来ている映画なのに、どうして後悔したのか?
理由は簡単。
「子供の時に見ておけばよかった!」
そう思ったからです。
私は大人になってから初めて見たんですよ。
するとどうなるか?
映画の世界に入り込めないんです。
映画そのものが素晴らしいのは分かるんだけど、もう大人の私は子供の世界へ行けません。
こういった映画ってピーターパンのネヴァーランドのようなもので、大人の居場所はないんですよ。
でも大人になってからでも大好きだって人はいると思います。
そういう人はきっと子供のうちにこの映画を見ているんでしょう。
ちょっと臭い言い方だけど、子供のうちに子供の世界へ行っておくと、パスポートがもらえるんです。
そいつを持っておけば、大人になってからでも子供の世界に入れてもらえるんです。
なぜなら入口を通る時に子供に戻れるからです。
大人になってから初めて見た私はパスポートを持っていません。
子供の世界への入国は禁止なのです。
だから見て後悔したんです。
中に入れば素晴らしい世界が広がっているのに、入れてもらえないなら見なきゃよかったって。
でも他の作品ならパスポートを持っています。
私が初めて見た映画は幼稚園の時のこと。
ゴジラVSビオランテでした。
ゴジラって今見るとご都合主義満載だったり、現代のCGに慣れているとチープに見えたりします。(1954年の初代ゴジラだけは別。あれは名作中の名作です。)
大人向けの本格的なSFじゃなくて、どちらかというと子供向けな演出が多いです。
けど大人になった今でも素直に楽しめるのは、子供の時に見ておいたからでしょう。
ゴジラを見ると童心に返るのは、ゴジラ映画のパスポートを持っているからです。
ちなみに友達はゴジラよりもガメラの方が好きだと言います。
なぜなら一番最初に見たのがガメラで、ゴジラは大人になってから初めて見たからです。
私はその逆で、ガメラは大人になってから初めて見ました。
だからゴジラは好きだけど、ガメラはそこまででもなかったりします。(嫌いなわけではないですよ。)
ゲームでもFFは今でも大好きだけど、ドラクエはそうでもありません。
これも子供の頃にプレイしていなかったからです。
最初に買ってもらったRPGがFFなんですよ。そしてロマサガ、聖剣伝説とスクエアのファンになっていきました。
子供の頃にどんな作品に触れるかってとても重要です。
そこに素晴らしい世界があるのに中に入れてもらえない。
子供の頃に「E.T」や「ネヴァーエンディングストーリー」を見た人は幸せ者だなあと思います。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM