脱走犬

  • 2019.02.20 Wednesday
  • 14:13

JUGEMテーマ:日常

少し遠くのスーパーへ買い物に行くと脱走犬が走り回っていました。
最初は野良犬かと思ったんですが、妙に人懐っこくて毛艶も綺麗なので、すぐに飼い犬だと分かりました。
なにより嬉しそうなんです。
繋がれている犬が何かの拍子に外れた時、それはもう喜びまくって走りまくります。
すごい目をキラキラさせるんですよ。
そして「自由だあ〜!」みたいな感じであちこち駆け回り、来る人来る人に尻尾を振って近づいていきます。
この犬もまさにそんな感じでした。
なのでお店の人に声を掛けて、この辺りで犬を飼っている人がいないかと尋ねました。
すると周りの民家ではけっこう飼っている人が多いらしく、どこの犬か分からないとのこと。
仕方がないので警察に電話しようということになりました。
ただし警察はそう長い間動物を預かってはくれません。
せいぜい二週間とか三週間くらいで、そのあとは保健所や動物愛護センターへ送られることになります。
そこでもだいたい一週間ほど預かり、引き取り手が現れなかったら殺処分ということになってしまいます。
だから私もお店の人も警察に電話しようか迷いました。
飼い主が現れてくれたらいいけど、そうじゃなかった時のことを考えると・・・・。
でも犬はあちこち走り回り、道路にまで飛び出す始末。
これではいつ撥ねられるか分からないし、事故が起きてしまう可能性もあります。
それにお店に来る人みんなが犬を好きなわけではありません。
怖がって逃げる人もいるし、万が一人に噛み付いたら大変です。
だから最終的に警察に電話をすることにしました。
すると警察にはすでに家の犬が逃げ出したとの通報が入っていたらしく、飼い主さんに連絡を取ってもらうことが出来ました。
それから30分後くらいに飼い主さんが現れ、犬は無事に家へと帰っていきました。
昔は野良犬も多かったし、飼い犬でも放し飼いにしている人がいました。
私が子供の頃は犬がウロウロしていることは珍しくありませんでした。
でも今の時代はそうはいきません。
もっとも恐ろしいのは狂犬病です。
野犬や野良犬はワクチンなんて接種していませんから、噛まれたら感染する危険があります。
それに飼い犬の場合でも、狂犬病ワクチン接種の義務を怠るような人も少なからずいるので、やはりその辺をウロウロしている犬は安心できないんですよ。
昔のようなおおらかだった時代と違い、今は規制やルールに厳しい時代です。
それが良いことなのか悪いことなのかはともかく、犬だけがウロウロしているのを見るのはほとんどなくなりました。
とにかくあの犬が無事に帰れてよかったです。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM