便利な車ゆえの弊害

  • 2019.04.23 Tuesday
  • 13:50

JUGEMテーマ:社会の出来事

JUGEMテーマ:車/バイク

便利な世の中になりました。
テクノロジーが進歩したおかげで至れり尽くせりです。
しかし進歩したテクノロジーのおかげで、今までにない問題も出てきました。
便利になったのはいいんですが、あまりにテクノロジーを信用しすぎて、人間の注意力が落ちているように思います。
アクセルとブレーキの踏み間違えによる事故が増えています。
アートマ車はとても便利だけど、便利ゆえの罠があります。
操作が簡単なので、自分が上手くなったかのように錯覚してしまうことです。
マニュアル車の場合、自分でギアチェンジしないとスピードは上がりません。
しかしオートマ車の場合はアクセルを踏み続けるだけでスピードが上がります。
そして発進の時もマニュアル車の方が難しいです。
半クラッチしながらアクセルをゆっくり踏まないとエンストしてしまいます。
オートマ車の場合はいきなりアクセルを踏み込んでも発進します。
アクセルとブレーキを間違って強く踏み込んだ場合、マニュアル車であればエンストする可能性が大きいです。
仮に発進できたとしても、ギアチェンジしない限りは一速以上のスピードは出ません。
そしてガードレールなどにぶつかった場合、これまたエンストして止まる可能性が高いです。
でもオートマ車はそうじゃないんですよね。
アクセルを踏むだけで走り出し、スピードが上がる。
マニュアル車の場合ならば運転手がやらなきゃいけない操作を車がやってくれます。
便利ではありますが、そうやってスムーズに車が走るのは車の機能のおかげであり、運転手の技術ではありません。
だから勘違いしてしまいます、自分の運転はまだまだ大丈夫とか、これくらいの注意力でも平気だろうとか。
でも実際はそんなことはなくて、マニュアル車だろうとオートマ車だろうと、一番大事なのは運転手の注意力です。
昔、上岡龍太郎さんが仰っていました。
「なんでも機械に任せたら人間は終わりだ」と。
どんなに便利な機械であれ、それを使うのは人間なんだから、機械を信用しすぎるのはよくありません。
いくら進歩していくら便利になろうとも、しょせん機械は道具です。
便利になった車は人間がやるべき操作や、人間が身に付けるべき技術を肩代わりしてくれますが、注意力や状況判断までは肩代わりしてくれません。
どんなに便利な車であっても、注意だけは怠らないようにしたいですね。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

GA

にほんブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM